いらない物はしっかり出す、足りない物は補うこと、そしてやり過ぎてしまうことで肌を疲れさせないこともポイント…!

40代の女性

また一段と貫禄が出てくる40代の年齢肌、年を増すごとに変わりゆくものです。

年齢と共に肌の水分量は減り、肌のハリ艶が変わってきます。

シミやそばかすも出やすくなり、シワも増えていきまついつい目を背けたくなるかもしれませんが、自分が頑張ってきた証がお肌にも表れてくる年齢です。

だからと言って嘆く必要はありません。


40代の年齢肌はお肌の質が変わる時期でもあるので、肌ケア自体を見直してみましょう。

やり方次第で年齢肌は40代でも30代、20代と若々しい肌になります。

いらない物はしっかり出す、足りない物は補うこと、そしてやり過ぎてしまうことで肌を疲れさせないこともポイントです。

余計な物ばかりだとお部屋が汚れてしまように、お肌に皮脂や埃などの余計な物があると肌の水分を奪ってしまったり、化粧水が浸透しにくくなるので、余計な物はしっかりと取り除きましょう。

栄養不足だと痩せこけてしまうように、肌にも水分やミネラル、ビタミンなど必要な物を更に補うようにしましょう。


しかし、やり過ぎは禁物です。

運動のし過ぎや暴飲暴食、栄養価の高い物ばかり食べていると、体が疲れてしまうように、肌だって疲れてしまいます。

美肌の基本は洗顔です。

しかし、この洗顔もじゃぶじゃぶ、ごしごし洗ってしまうと必要な皮脂や水分も奪ってしまうので、しっかりと泡立てることが大切です。

朝晩しっかり洗いもいいですが、朝の洗顔は落ちにくいメイク汚れなどがついていない状態なので、それ程神経質にならず、ささっと洗う程度で良いでしょう。

夜の洗顔はメイクをしっかり落とすことに重点を置きましょう。

普段のメイクもウォータープルーフなど落ちにくいメイクばかりでなく、最近では落ちにくいけれど、石鹸で簡単に落ちるタイプの化粧品も出ています。

そういった物を使うと、洗い過ぎを防ぎ肌への負担が掛からないのでおすすめです。


化粧水や乳液は、今までよりも少し多めに使っていくと栄養不足に陥らずに済みます。

ちょっと多いかなくらいの量を使いましょう。

たまに甘やかさないことも大切です。

肌断食と言って、たまに夜は何もつけない素の状態で寝ることで、肌が本来持っている再生能力を向上させることが出来ます。

肌がつぱる感じがして苦手なようであれば、少量だけ化粧水などを利用しましょう。

今までとは違ってきたなと感じてきた年齢肌、否定しないで受けいれていきましょう。

そして、今までとは違ったと感じるからこそ、今までとは違ったお手入れを行いましょう。

40代の年齢肌と上手に付き合っていきハリがあり、シミやそばかすもない綺麗な肌を保っていきましょう。

40代になってくるとこれまでと同じではいられない

40代の女性2

若い時からスキンケアに気を遣ってきたという方も多いでしょう。

そのままこれからも継続していけばよいと思いがちですが、肌の状態というものは年齢に応じて変わっていきます。

特に40代を超えると肌の状態は大きく変化し、ケアの仕方についてもそれに合わせて変えなくてはならなくなっていくのです。

その点をまず考えておくようにしましょう。


まずは肌の状態に敏感になっておくことが必要になります。

いつもと同じようなケアをしていても、なんとなく違いを感じるようになった時にはケアの見直しが必要になっているのかもしれません。

そのまま放置しておくことによって、年齢肌による乾燥や荒れなどがひどくなっていき、シミやしわという形でダメージが残ってしまう事もあるのです。

そのため、早く気が付いてケアを見直していく必要があります。

一度ダメージを受けてしまうとそこから回復することは難しくなります。

年齢肌だからこそ、より慎重にスキンケアについて考えておく必要があるのです。


特に、年齢を重ねた肌は乾燥しやすくなります。

水分を肌で貯めておくことがしづらくなっていくため、乾燥が激しくなってしまうのです。

そのため、年齢肌のケアとしてはまず保湿をするということが肝心となります。

若いころはそれほど保湿をしっかりしなくても十分潤っていた肌でも、同じケアを続けているだけでは乾燥を感じてくることがあります。

なんとなくメイクのノリが悪くなってきたというときや、肌がひりひりするような感じがするというときにはこうした年齢肌の問題が出て来ているのかもしれません。

日常の中やスキンケアの際など、どのような変化があるかという事を意識しておくことで、対策もとりやすくなってきます。

ぜひ変化に気が付けるように敏感になっておくという事を意識しておきましょう。


年齢肌によるトラブルが蓄積してしまうと、実年齢以上に年をとって見えてしまう事もありますし、元にはなかなか戻らなくなってしまうものです。

年齢肌は仕方ないとしても、それを食い止めていくことがこれからの肌の状態を少しでも良くしていくための鍵と言えるのです。

ぜひこうしたことを検討しながら、自分の肌の状態というものを考えておくようにしましょう。

ちょっとした変化からも肌の状態の違いに気が付くことが出来ることもあるので、そういった細かい変化を大切に、ケアの見直しなどに活かしていくようにしたいものです。

どのようにケアを見直していくか

40代の女性3

スキンケアを見直す際に、まず考えておきたいのが保湿という点です。

年齢肌はどうしても乾燥しがちになってしまいます。

水分を肌に貯めこんでおくことがしづらくなっていくのです。

そのため、肌に水分をしっかり与え、出て行かないようにするという事を心がけておく必要があります。

まずは化粧水をたっぷり使うようにしましょう。

高価な化粧水などはもったいないからと少量使う方も多いですが、それでは肌に充分な水分がいきわたらないことも多く、乾燥が進んでしまう原因ともなりかねません。

できるだけ多くの水分を肌に与えることが出来るようにしていきましょう。

乾燥が激しいと思ったらパックなどを使ったり、普段の化粧水をコットンパックでより浸透させていくようにすると水分をしっかり肌に与えやすくなっていきます。


水分が肌にしっかり与えられたら、それが逃げて行かないようにするという事も必要です。

若いときには化粧水だけで良かったという方も、化粧水だけのケアでは年齢肌に対応できなくなっていくこともあります。

そのような場合は乳液やクリームなども取り入れておきましょう。

そういったアイテムを使って水分を与えた肌に蓋をしていくことで、水分が蒸発することを防ぐことが出来るのです。

模試乳液やクリームを使っていなかったという方は、取り入れてみると乾燥を防ぎやすくなることがあります。


また、年齢肌にはシミやしわなどのトラブルも多く出てくるため、どうしてもメイクでそれを隠すという事も増えてきます。

そうすると厚塗りになりやすく、カバー力の強いアイテムを使うという事も多くなってきます。

それは肌に大きな負担をかけてしまう事もあるのです。

メイクをしている状態でも負担はかかりますが、メイクを落とす時にもこすったり、強い成分の入ったリムーバーを使ったりすることによって肌にダメージが与えられることもあるのです。

そういったことを防いでいくためにも、出来るだけメイクを軽めに、落とす時にはダメージが少ない方法をとるなどという事を心がけましょう。

メイクをしない日を作るという事も有効です。

年齢はできるだけ隠したいと思ってしまいがちですが、年相応の見た目であることが魅力につながることもあります。

仕事では若さや強さをアピールしたくても、休みの日などは常に若々しく装わなくても良いことも多いでしょう。

そういったことも考えて、メイクやケアの仕方についても変えていきましょう。