セラミドは40代になると一気に生成が衰える

40代の女性

美肌のために必要な美容成分は、たくさんあります。

どんどん目新しい成分も登場して、スキンケア用品を選ぶのにも目移りしてしまって大変です。

しかし、基本に立ち返って、もともと人の肌にある必要な成分こそ、不足しないように補っていくことが、根本的な健康でパワーのある肌に育てるためには必要なのです。

その1つがセラミドです。


美容成分というと、コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸などが真っ先に浮かぶと思いますが、実はそれらの美容成分がきちんと働ける肌環境を作り出すためには、セラミドが必要なのです。

もちろん、セラミド自身も弾力やハリ、活発な新陳代謝のためには欠かせない成分です。

しかし、実は40代になると一気に生成が衰えるため、外からチャージしてあげることが大切なのです。


セラミドは、細胞と細胞の間をつなげるクッションの中に存在しています。

セラミドが間をしっかりとつなぐことで、弾力があってハリのある状態にしてくれますし、隙間をなくすることで異物の侵入を防ぎダメージを予防する役目もしてくれます。

しかし、20代をピークにだんだんと減ってしまい、なんと40代では20代の半分にまで減少します。

この現象は、ヒアルロン酸などの他の美容成分の現象幅と比べると、40代の現象が高いのが特長です。


潤いを保つためには、細胞間が隙間だらけでは蒸発してしまうので、保水だけをしていても効果は半減してしまいます。

セラミドを補って、閉じ込める役目をしっかりとしてもらうことが重要なのです。

もちろん、細胞同士が柔軟性がある状態になれば、ふっくらした状態をキープできるので、シワやたるみの解消にも大きな影響があります。

セラミドは、細胞の間と間に潤いを溜め込むため、潤いが逃げにくく長時間維持できることも特徴です。

つまり、ちょっとしたことでは左右されにくい潤い成分とも言えますので、揺らぎにくい、少しのことでは影響を受けにくい、元気で強い肌にすることができます。

40代になる前に、サプリメントやスキンケアによって補っておくことで、不足することなく機能を高い状態でキープできます。


セラミドはもともと体にある成分ですので、異物にはなりませんし、摂りすぎて危険ということもありませんので、早めの対策をすることがお勧めです。

また、表面の近くである角質層に存在しているので、スキンケアでも十分に届きます。

人間の体に元からある成分ということは、それだけ本当に必要な成分ということです。

積極的にカバーして、健康美を手に入れましょう。

セラミドを補うことは40代のスキンケアの基本

40代の女性2

みずみずしいうるおいがあり、透明感がある健康的な肌は、表面にある角層に何重にも角層細胞が重なっています。

角層細胞の間には隙間がありますが、その隙間を満たし、細胞同士や水分をつなぎとめているのがセラミドです。

セラミドは肌の奥から自然に生まれてくる成分で、うるおいや美しさはもちろんですが健康にも重要な役割を果たしています。

人間の皮膚は、もともと乾燥やほこりなどの外部刺激で肌荒れを起こさないようにするためのバリア機能が備わっています。

角層の細胞と細胞に隙間がたくさんあると、乾燥やほこり、紫外線など外部の刺激を肌の内側まで簡単に通してしまい、肌が炎症を起こしたり、荒れたりしてしまいます。

セラミドは細胞と細胞の隙間を満たして外部刺激が内側に簡単には入り込まないようにする働きがあり、この働きのことをバリア機能と言います。

セラミドで十分満たされていると水分と結合して細胞の間を満たすため、バリア機能の働きが高く外部刺激で肌荒れしにくくなりますが、不足している外部刺激に弱く、簡単に内側まで乾燥が広がってしまったり、ほこりや紫外線によって荒れたりしてしまうことになります。


セラミドが不足すると、角層のバリア機能が十分に働かず、外部刺激で荒れやすい状態になるばかりでなく、キメが乱れてかさつきやすく、老けた印象になったり、メイクがのりにくくなったりします。

水分不足に陥り、キメが乱れていると光をきれいに反射することができないためくすんで見えるようになってきます。

キメが乱れているために、内側の水分の蒸発を防ぐことができず、角層細胞の隙間から水分が蒸発してしまい、さらに乾燥したり、刺激に弱くなっていくという悪循環に陥りがちです。


40代になると急速に減少し、20代の頃の約半分になってしまうといわれているセラミドを補給することは、スキンケアの基本と言えます。

他の美容成分や美白成分をどんなに投入しても、角層が荒れていて成分を生かすことができないほど弱っている状態では、効果を実感することはできません。

40代になると、脂性だった人でも徐々に皮脂の分泌量が減り、水分も保てなくなってくるために乾燥するようになることが普通です。

エイジングケアを始めたいという場合やエイジングケアをしているけれども効果を実感できないという場合には、セラミドを補い水分不足を解消したり、バリア機能を回復させることを始めに行うことをおすすめします。

化粧水の効果的な使い方

40代の女性3

水分が蒸発しやすく、内側に水分を長時間蓄えておくための保水成分も減少している40代の肌は、保湿成分のセラミドがたっぷりと含まれている化粧水を使うことがスキンケアの基本になります。

ただ塗るだけではなく、刺激が少ないクレンジングや洗顔料を使って、きれいにメイクの汚れや余分な皮脂を洗い流してから、化粧水をたっぷりと浸透させていくようにしましょう。

40代は、刺激に弱く、少しの刺激でも敏感に反応して荒れたり、炎症を起こしたりしやすいデリケートな状態になっています。

まずは刺激を与えないように気を付けながら、汚れをきれいに落としたり、古い角質を洗い流したりすることで水分補給をするための下地作りをすることがとても大切です。


コットンを使ってでも、手のひらでも良いのですが、皮膚をこすらないように気を付けながら、優しく化粧水を馴染ませていきます。

一気にたくさんの量の化粧水を馴染ませても、肌に浸透していく量は限られているので、まずは化粧水が馴染みやすくなるように少量の化粧水をまんべんなく付けていき、しっとりとしてからもう一度化粧水をなじませるとたっぷりと水分と保湿成分を補給することができます。

目の下や頬、口の周りなど乾燥しやすい部分には、さらに少量の化粧水をプラスすることもおすすめの方法です。

最後に手のひらでやさしく顔を包み込むようにして圧力をかけて、内側に水分を押し込めるようなイメージで浸透させていきましょう。


保湿効果が高い化粧水を使っても、40代の肌は水分と油分のバランスが崩れやすく、せっかく補給した水分が蒸発してしまうこともあります。

化粧水がなじんだら、すぐに油分を適度に含む乳液を馴染ませてふたをします。

夜ならば肌の新陳代謝や血流をアップさせるビタミン類や美白効果があるプラセンタなどを含み、水分と油分のバランスを長時間良い状態でキープさせる効果があるクリームを塗りましょう。

朝にクリームを塗るのが重くて苦手という人は、乳液の後に保湿効果が高い日焼け止めや下地クリームを塗ってからファンデーションなどのベースメイクを始めるときれいに仕上がります。


基本的なことではありますが、クレンジングや洗顔をしっかりと行いストレスになる物質を穏やかに取り除くこと、セラミドを補給することができる保湿化粧水を使うこと、水分と油分のバランスを取るために乳液やクリームを使う事が40代の人におすすめのスキンケア方法です。