角質層の潤いを高めてくれるセラミドが配合されている基礎化粧品でケア

40代の女性

40代になるとホルモンバランスの変化が大きくなり、以前とは違う肌の悩みが発生してきます。

女性ホルモンが減ってしまって皮脂分泌が過剰になってしまったり、乾燥して刺激に弱くなったしまったりという具合に、肌質が変化してしまうこともあります。

40代のスキンケアでは、変化していく肌質に合わせて基礎化粧品も変えていきましょう。


どの年代にもスキンケアにも当てはまるのですが、きれいで健康な肌を育てるために最重要なのは、肌の保湿です。

40代になると肌の回復力が衰えてくるので、若い頃のようなスキンケアで済ませていると、一気に老化へと突き進んでしまいます。

肌の水分が不足して、乾燥しやすい肌質になっていると、キメが乱れてダメージが肌内部に入り込みやすくなるため、すぐに赤くなったりかゆくなったりする敏感肌になってしまいます。

弱った肌は老廃物を押し出す力も低下してしまうため、古い角質が肌に残ってしまって、ニキビができやすい肌質になってしまうのです。


40代の肌は少しずつターンオーバーが衰えてくるので、紫外線を浴びて作られたメラニンは代謝されずに内部に定着してしまい、やがてシミとなって肌に残ってしまいます。

保湿は肌のターンオーバーを正常にする働きもあるので、角質層の潤いを高めてくれるセラミドが配合されている基礎化粧品でケアをしてみましょう。

皮脂分泌が多くなってきた時や肌の弾力をアップしたい時、肌の透明感を高めたい時には、ビタミンCやプラセンタが配合してある基礎化粧品が最適です。


でも、疲れを感じやすくなった40代の肌は、基礎化粧品に配合されている成分によって刺激を受けてしまうこともあります。

ビタミンCやレチノールなどは刺激を感じることがあり、肌が弱っていると美容成分が効果を発揮できなくなるので、まずは肌の健康状態を回復してからエイジングケアをしていきます。


アルコール成分が入っている基礎化粧品は、さっぱりした使用感で毛穴を引き締める効果がありますが、蒸発しやすい性質があるので、肌につけた時に水分を一緒に奪っていきます。

皮脂が多い肌質には向いているのですが、乾燥がひどい肌質の方がアルコール入りの化粧水を使うと、余計に乾燥しやすくなってしまうので肌に負担がかかってしまいます。

疲れやダメージが出やすい40代の肌質には、刺激を抑えた成分で作られていて、保湿力の高い基礎化粧品が向いています。

保湿力を強化している化粧水はコクのあるテクスチャーが多いので、使用後にべたつきを感じてしまうことがあります。

低分子で浸透力に優れているタイプはどちらかというとサラッとした使用感になります。

ライン使いができるトライアルセットもたくさん販売されているので、ミニサイズでお試ししてみて肌質に合うかチェックしてみましょう。

40代になったら肌質の変化に対応することが必要

40代の女性2

30代の時に気になり始めた小じわやシミ、くすみなどが、本格的な年齢肌の悩みになってくるのが40代です。

若い頃には皮脂の分泌が盛んで、べたつきやニキビなどで悩まされていたという人でも、乾燥肌に傾いてくるという肌質の変化を感じることになります。

元々が普通肌や乾燥肌の人は、さらに乾燥が深刻なり乾燥肌だけではなく、敏感肌になることもあるほど、肌質が変化してくるのが40代なのです。


40代になると、ホルモンバランスが乱れてくる人が多く、口の周りやフェイスラインなどに吹き出物ができたり、時期によっては目の下の小じわが増えたり、頬や口のまわりがかさついたりするようになってきます。

また薄く合ったシミが濃く目立ってきたり、くすみに悩まされる人も増えてくる年代です。

ホルモンバランスの乱れに加えて、家でも職場でも役割が多く、忙しいという人が多いので、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなど生活習慣が整わないことも多いと思いますが、体の回復力も衰えてくるため、気力と体力のバランスが崩れやすいことも肌質に影響します。


40代になっても、30代の時と同じような化粧品を使い続けている人や、アイテムをプラスしただけという人が多く、まだまだ若々しさもあるので肌質の変化に敏感になり切れないこともあるのですが、多くの場合、肌の内部にあるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど水分をキープするための物質が減少しているので、保湿をすることがとても大切になってきています。


肌は、水分が足りないと正常な働きをすることができず、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが遅くなってメラニンの排出がうまくいかなくなったり、表面の角質層が入れ替わりにくくなり古い角質がたまってしまうようになってきます。

また自分自身を守る働きのバリア機能も衰えて刺激に弱く、水分が逃げやすい状態になっているのです。

細胞のひとつひとつに蓄えられている水分量が足りなくなるとハリが失われシワが目立つようになったり、光をきれいに反射することができずにくすんで見えたりと老けた印象になってしまいます。


40代のスキンケアで大切なのは、保湿をしっかりと行うことです。

保湿をすることで肌の細胞の働きを正常化し、ターンオーバーやバリア機能を回復させながら、細胞のひとつひとつや細胞の隙間を水分で満たすことができ、若々しさを取り戻すことが期待できます。

保湿成分を重視した化粧品選びが必要

40代の女性3

肌が乾燥することで、ターンオーバーが遅くなったり、バリア機能が低下するため、刺激に弱くシワやシミ、くすみなどが目に付く老けた印象の肌になってしまうのが40代の肌ですが、肌質に合ったお手入れをすることによってお手入れの効果をしっかりと実感することができる回復力があるのも40代の特徴です。

多くの人が乾燥肌になってくる年代なので、40代になったら保湿成分を重視して化粧品を選ぶことが、若々しさを保つためのポイントになります。


保湿と聞くと、水分をたっぷりと肌の内側に入れ込むことというイメージがあるので、化粧水や専用のマスクなどを使って水分補給に力を入れている人もいると思いますが、水分を入れ込むだけでは不十分です。

年々水分を蓄える力が衰えてきているので、たくさんの水分を補給しても肌の内側に蓄えておくことができず、入れ込んだはずの水が水を連れて蒸発してしまいかえって乾燥するということもあります。

たっぷりの潤いをキープすることができる保湿成分が含まれている化粧品を選んで、肌の内側に潤いを長時間とどめておくことが、化粧品選びのポイントです。


肌の内側にもともとあったけれども、年齢とともに減少していく成分がセラミドやヒアルロン酸です。

高い保湿力があり、みずみずしさを長時間キープする力にも優れていますが、年齢とともに減少していくので化粧品を使ってスキンケアのたびに補給してあげるとよいでしょう。

セラミドやヒアルロン酸は、もともと肌にある成分なので、刺激が少なく肌荒れをする心配がないこともおすすめの理由のひとつです。

40代の肌は老化や乾燥によって刺激に弱くなっているため、弱っているところに刺激がある成分を使用すると、荒れてしまったり、炎症を起こしたりする可能性があります。

まずは、肌に優しく刺激が少ない化粧品を使って不足している水分をたっぷりと補い、衰えているバリア機能やターンオーバーを促していく下地つくりをしていきましょう。


肌の内側に水分を蓄える働きがある保湿成分ととともに大切なのが、水分の蒸発を防ぐための油分を補給することです。

ホルモンバランスの乱れや老化によって、水分と油分のバランスが乱れてきます。

べたつくのが嫌、ニキビができるなどの理由でさっぱりタイプの乳液を選んでいる人は、乾燥が原因で肌を潤すために過剰な皮脂が分泌されている可能性があります。

肌を保護して水分と油分のバランスのバランスがとれるような年齢に合った乳液やクリームを使う事で、潤いをキープしやすくなり過剰な皮脂分泌がおさまることも期待できます。