主な要因としてホルモンバランスの乱れ

40代の女性

40代以降にできるシミの主な要因としてホルモンバランスの乱れが考えられます。

ホルモンバランスは若いうちにも乱れることがありますが、40代以降は更年期に近づきますので少しずつバランスが変わっていきます。

生活に何か大きな変化があったり、強いストレスを受けたりするとバランスの変動幅が大きくなって心身に影響が現れますので、普段と違うことが起こった時には要注意です。

ホルモンバランスによるシミができてしまった時には、漢方を利用したり内服薬でホルモンバランスを整えることが有効とされています。

内服薬に抵抗がある場合には規則正しい生活を送ってストレスを溜めこまないようにするだけでも良い効果が期待できます。

ホルモンバランスは少し経つと落ち着いてくることも多いので、落ち着いた頃には気が付いたらシミが良くなっていたという人も多いようです。


40代というと、若い頃と比べて体力が落ちていると実感したり、夜なかなか寝付けない等の症状に見舞われることも多く、体調の定まりにくい年代です。

そのような時期に肌のコンディションを整えるのは大変なことですが、時間が経てば改善されることも多いということを覚えておくと無駄にストレスを溜めこまずに済みます。

40代では肌の代謝も鈍ってくる頃です。

それに加えて、若いうちから蓄積されてきたトラブルの元が一気に表面化する頃でもあります。

それがシミとなって現れて、一度できるとなかなか消えません。

紫外線を浴びてもシミができない人はつい安心してしまいますが、実際には何の影響もないわけではなく、ダメージは少しずつ蓄積されていっています。

それが一定量を超えるとトラブルが表面化してきますので、まだ現れていない人はその量に達していないだけと捉えた方が賢明です。


40代は肌の代謝が鈍っていますので、古い肌細胞の排出量が少なくなってトラブルは表面化しやすくなります。

ですから、シミをケアしたい時には肌細胞の働きを活性化してくれるような成分が含まれている化粧水が有効です。

また、蓄積されたメラニン色素を強制的に排出されるためにビタミンC誘導体のような成分も必要です。

ビタミンC誘導体は2つの役割を持ち、メラニン色素を排出し、新たなメラニン色素の生成を抑えてくれます。

シミリスクの高まっている40代以降は予防が非常に有効になりますので、このような成分を有効活用してシミができないように対処することが大切です。

紫外線も大きく影響する

40代の女性2

40代にもなれば、若い頃に比べて肌トラブルが多く出てくる歳ですが、その原因には紫外線もあります。

紫外線に含まれているUVAは、肌の深くまで浸透するので、それによってダメージを与えます。

特に顔の皮膚は太陽光があたりやすく、なおかつ他の部位に比べて薄い皮膚なのでダメージを受けやすいです。

紫外線による刺激によってメラニン色素がたくさん分泌されるようになり、肌を守ります。

日焼けはそれで怒るわけですが、過剰に分泌されるとそれが残ってシミの原因になるのです。


紫外線によるシミに対する対策は、日焼け止めを塗ることが最も効果的です。

日焼け止めは紫外線から肌を守るバリアとなってくれるので、日焼けをしにくくなる結果、上記のようなメラニン色素の過剰分泌によるシミができる事を防いでくれます。

特に、40代になると新陳代謝が衰える結果、修復がうまくいかなくなり、若い頃よりもできやすくなってしまうので、日焼け止めは塗った方が良いです。

注意点としては、この対策をすべきなのが夏場だけではないということです。

日焼けというと太陽が強い夏だけ気にしていれば良いと思うかもしれませんが、紫外線は年中降り注いでおり、肌に対するダメージの蓄積は起こってしまいます。

したがって、対策をするのであれば、外出する時は年中日焼け止めを塗り、肌に紫外線の影響を与えないようにする必要があります。


日焼け止めの効果のあるクリームは市販されており、特に紫外線吸収剤が含まれているタイプは確実にカットしてくれるのでおすすめです。

紫外線吸収剤に該当する成分は、メトキシケイヒ酸やパラアミノ安息香酸などです。

パッケージの成分表を見れば書いてあるので、それを参考にして選びましょう。

敏感肌で肌に優しいものが良いという方は、紫外線散乱剤の含まれたものが良いでしょう。

これは、紫外線を吸収するのではなく、散乱させることで肌に浸透することを防ぐ成分です。

酸化亜鉛と酸化チタンが該当します。


紫外線散乱剤の方が肌に優しい理由は、化学反応が起こるわけではないので、肌に負担をかけないからです。

紫外線吸収剤は化学反応が起こることで紫外線を吸収しますが、それが肌の上で行われるので、肌が弱い人は肌荒れの原因となることがあります。

そのため、40代で肌が少し弱っていて強い刺激は避けたいという方は、紫外線散乱剤を含んでいるタイプの対策クリームを利用すると良いでしょう。

生活の乱れを直すことは重要

40代の女性3

肌にダメージが加わっても、体の新陳代謝機能がしっかりしていれば修復されやすいです。

しかし、40代にもなるとその機能は衰えてしまい、シミが残ってしまいやすくなります。

これは老化によるものであるため、ある程度受け入れざるを得ません。

しかし、生活の乱れがある方は、それを整えるだけで体のバランスも整って、防御機能が改善することもあります。

その結果、シミも改善されることはまだまだ十分あり得るので、あきらめるのは早計です。

また、そもそもシミの原因を取り除く生活をすることで、リスクを抑えることもできますのが、生活の乱れはシミを作る大きな原因となるため、やはり生活サイクルを整えることは重要になります。


生活習慣として肌にとって大事なのが、質の良い睡眠をとることです。

睡眠時には体の修復機能にとって良いことが起こるからです。

成長ホルモンやメラトニンが分泌されることで、体の修復機能の働きが良くなります。

そして、この両方が重なって分泌されやすいのは、夜の0時から3時ということなので、この時間にぐっすりと睡眠をすることができる生活リズムを取り入れましょう。


なかなか夜寝付けないという方におすすめなのが、寝る60分から90分前ほどに入浴することです。

体温が下がるタイミングで眠くなりますが、入浴によって体を温めておけば、いずれ体温が下がってきたときに眠りに入りやすくなります。

過度な運動も夜の9時以降はやらない方が良いでしょう。

運動することで交感神経の働きが活発になるので、眠りにくくなってしまいます。

カフェインの含まれた飲料を摂取しても覚醒状態になって眠りにくくなるので、同様に夜は取らないようにした方が良いです。

食生活もシミの原因とならないように心がけるべきことですが、特定の栄養が肌によいからという理由でたくさん取るのは、栄養バランスが崩れてしまうのでおすすめできません。


意外とどの栄養素も肌にとって良い働きをする効果を持っているため、一番大切なのは、一日の摂取の目安とされる栄養素をきちんと食事からとることです。

もちろんすべてを食事からこなすのは大変なので、足りない分はサプリで補うのも良いでしょう。

サプリの摂取だけでは栄養の吸収率が良くないのであまり意味がありませんが、食生活に取り入れて補助的に利用する分には悪くありません。

こちらも過剰に摂取しても何ら意味がないので、バランスを考えるようにしてください。