40代のシワの改善方法は乾燥を防ぐ事が1番のポイント!

40代の女性

保湿効果の高いスキンケアを行う事がとても大切です。

体の変化も感じる年代の40代は、体の変化ばかりではなく肌の変化も感じてしまう年代でもあります。

厚化粧になりやすい時期でもある40代のシワの原因はコラーゲンが激減する年代である為に、たるみやシワなどの老化現象が今までと違い見た目が変化していきます。

若く見せたい、隠したいなどの心理が高まり厚化粧をする事によって、化粧崩れをしやすく余計に見た目が老けて見えてしまう事になるので注意が必要です。

40代のシワの原因になるコラーゲンが激減し重力に抵抗できなくなってしまい、皮膚や皮下組織などと重力の影響で下へと引っ張られてしまうので、顔全体が垂れ下がってきてしまいます。

若い頃とは違い、皮膚にハリや弾力もなくなり表皮の厚みもなくなるので、薄く硬い肌に変化してシワができやすくなります。

紫外線を浴びてしまった肌は乾燥が起きてしまい、そのままにしておく事によってシワへと変化する事になってしまい、シミにもなってしまます。


40代のシワの改善方法は乾燥を防ぐ事が1番のポイントです。

ほうれい線や目尻、額などと様々な場所にできてしまうシワを改善するには、保湿効果の高いスキンケアを行う事がとても大切です。

特に40代の肌に敏感な年代は肌が乾燥しやすく、コラーゲンの激減のために毛穴が開いてしまいがちになります。

洗顔後は肌に水分をしっかりと与え、その後はクリームや乳液などでしっかりと保湿をして肌に蓋をする事で効果的に保湿を行う事が出来ます。


外側だけのスキンケアだけではなく、食べ物などで身体の中から改善する事で肌を美しくする機能を高める事がきたできます。

特に有効な食品は、サラダなどの食物繊維が豊富な食品でビタミンEやビタミンCも同時に摂取する事ができます。

睡眠なども肌を美しくする機能をアップする事ができるので、しっかりと快適な睡眠とる事で健康にも美容にもよく、肌の調子なども改善する事が期待できます。

シワになりやすい箇所にはたっぷりと保湿効果の高いスキンケアを行い、毎日の生活を見直す様に規則正しいリズムで過ごす事も大切です。


40代の1番大切な時期だけらこそ、美容や健康を気をつける事によって将来の綺麗な肌を保つ事ができます。

マッサージなどで顔の血行をよくなしながらリンパの流れを良くする事で、エイジングケアを行う事が出来ます。

美肌を保つ為に重要なのは、水分と保湿を行う事で乾燥のない年代よりも若く、ハリとツヤのある肌になります。

エイジングサインで気になるシワはなんでできるの?

40代の女性2

年齢肌のサインは、30代ころから気になり始めますが、お手入れを怠れば40代になるとさらにいろいろ出てきてしまいます。

シワやシミ、毛穴の開きやたるみ、そしてほうれい線なども挙げられますが、これらのトラブルの原因の根底には乾燥が大きく関係します。


若い時にはお肌にはハリもあって、水も跳ね返してしまうようなうるおいのあるお肌です。

然しコラーゲンというお肌の細胞同士をつなぎとめているものが、30代後半からどんどん減少してしまうことでお肌の保湿力の低下が起こります。

保湿力が低下すると、水分をため込む事が出来ないわけですからしぼんでシワもできやすくなります。


小じわぐらいでしたら気になりだしてからでも保湿ケアを徹底すれば改善されることもありますが、お手入れを怠れば乾燥状態はどんどん進み、皮膚がたるんでほうれい線という口元にできる深いシワまでできてしまいます。


ほうれい線は老化現象の中でも非常に目立ちますし老けた印象になりますので、どうにか予防をしたいものです。

40代のシワは、うるおい不足の乾燥肌であることも要因です。

それだけではなく注目したいのがターンオーバーの乱れです。


お肌には古い皮膚がはがれて新しいものに生まれ変わるあります。

、ターンオーバーという肌周期があります。

若い時は20数日で行われますが、年齢とともにそのサイクルは乱れがちになり、間隔もひろくなっていきます。

ターンオーバーが乱れてくる40代にもなれば、古い角質がたまっていくことで肌は固くなっていきますので、水分も十分に取り入れづらくなってきますし、シミの原因でもあるメラニン色素が排出されにくくなることでシミも増えます。


ターンオーバーのタイミングを改善するためには、ビタミンCを摂取したり血行を良くすることもポイントです。

ヘパリン類似物質は血行促進もできますし、ターンオーバー促進効果もありますのでアンチエイジングにも最適です。

より深いところまで有効成分を届けて内側から潤いを与えることもできるので、使ってみる価値があります。


シワやシミなどのエイジングサインは、このように乾燥が根本的な要因です。

若い時と同じスキンケアをしていては老化現象に対応することができませんし、20代のうちから保湿ケアを入念に行っておくことで予防することもできます。


自分に合ったスキンケアアイテムを選ぶこと、そして継続していくことも大事なことです。

40代のシワ対策はどんなことをすればよい?

40代の女性3

シワやシミ、毛穴の開きやたるみといった年齢肌のサインは40代を超えてくるとどんどん気になってくるものです。

若い時にはどちらかというと脂性肌だったという方も、お肌のコラーゲンの生成量が減少することで、保湿力も低下しますし乾燥状態が進みます。


お肌の乾燥はあらゆる肌トラブルを引き起こす要因となりますし、とりわけシワに関しては原因に直結します。

ですからほうれい線にもつながりますし、早い段階で対策を行うことが重要です。

普段使うスキンケアコスメに関しては、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが含まれているものを選ぶとよいでしょう。


また洗顔方法も摩擦が乾燥にも影響しますので、洗顔料をよく泡立てて優しく洗うこと、そしてしっかり洗い流すこともポイントです。

摩擦を多く与えてしまうことで、肝斑もできやすくなるので要注意です。


紫外線による肌ダメージは非常に大きく、シミだけではなく乾燥肌への影響も考えられますので、日焼け止めを使うことをお勧めします。

夏場だけは使っているという方は多いかもしれませんが、紫外線は夏場以外の時でも意外と出ていますので、1年を通して使うことが大事です。

しかしSPF値の高いものはお肌への負担も大きくなりますので、夏以外のシーズンは数値が低いものを使う方がよいでしょう。


メイクコスメにも紫外線がカットできるSPF値が記載されているものが増えていますので、うまく使っていくことをお勧めします。

日々の紫外線対策で、乾燥肌やシミを予防する事が出来ます。


お肌の血行を良好にすることで、細胞が活性化されてターンオーバーのサイクルをただすということもできますし、マッサージをすることも有効です。

マッサージの際には摩擦をできるだけ少なくするように、マッサージークリームなどを使うとよいです。

老廃物がたまりやすい部分は流すように行っていきましょう。


ほうれい線は表情筋の衰えも関係しています。

スキンケアで対策をすることももちろん大事ですが、表情筋を鍛えるべく舌回しをするのもお勧めです。

前歯の周りを舌をつかって1周する動きを時計回りと反対周りと、合わせて20回ぐらいを数セットするとよいです。


睡眠不足は美肌の天敵といわれるのには、成長ホルモンの分泌が22時から2時のゴールデンタイムに行われているからです。

この時間帯は特に良質な睡眠が必要ですので、美肌のためにも睡眠をしっかりとるようにしましょう。