紫外線対策はUV対策ができる化粧品を使ってメイクをすることが最も効果的!

40代の女性

40代になると老化をひしひしと感じる世代に突入します。

今までは全く気にならなかった肌の変化を実感するようになるのがこの年代です。

特に変化を感じやすいのは顔です。

メイクの時やお手入れの際、顔は一番鏡で見る機会が

多いため、毎日見ているとあまり気になりませんが、突然シミやシワが多くなったことにショックを受けることも多いでしょう。

肌の変化は顔はもちろん、首や手足など全てに出始めます。

40代以降になってもキレイを保つためには紫外線を浴びないように気を付けて下さい。


皆が知っているように紫外線を浴び続けるとシミやシワの原因になります。

これは紫外線を浴びることでメラニン色素が増え、色素沈着が起こりやすくなるからです。

若い頃はノーメイクで外出したり、海水浴に行ってもシミは気にならなかったかもしれませんが、40代になると肌のターンオーバーが乱れがちで増えてしまったメラニン色素が排出されずに沈着してしまうようになります。


シミは最初は薄くて小さいものがまだらにできるだけですが、放っておくとどんどん濃くなりますし増えてしまいます。

ただでさえ加齢で肌の老化が気になる年齢なので毎日の紫外線対策をすることが最も効果的です。

紫外線は晴れた日だけ気を付ければ良いと勘違いする方が多いのですが、曇っている日や冬場も気を付ける必要があります。

自宅にいる時でも最低限UVカットの化粧水やクリームなどを塗って下さい。

外出時は帽子や日傘で直射日光を避けて下さい。


スキンケアはアンチエイジング効果があるものを使ってシミやシワ対策をしましょう。

紫外線対策はUV対策ができる化粧品を使ってメイクをすることが最も効果的ですが、食べるもので体の中からケアをすることもできます。

紫外線対策に良い栄養素はビタミンC、ビタミンE、βカロチン、ビタミンB2です。

これらの栄養素が含まれた食材を積極的に食べるようにすると内側からケアをすることができます。


例えばレモン、緑黄色野菜、ナッツ、レバー、納豆などです。

料理を作る際に使う食材選びを気にするようにするとどんな食品が効果的か頭の中にインプットされます。

体の外側からも内側からもケアをすることを心がける生活を続けることで紫外線対策が上手にできるようになります。

日ごろから対策をしながら毎日鏡を見たり体をチェックすることで大きな変化が突然訪れないように気を付けてずっと若々しい肌でいられるようにしましょう。

40代にお勧めの紫外線対策

40代の女性2

40代は、シミやしわやたるみなどいろいろと美容上の悩みが起こりやすい時期でもあります。

そういう時期にこそ、紫外線に対する対策をしっかり行っておく必要があるので注意しましょう。

若頃は日焼けした肌が流行っていた、という人は無防備に太陽の下で遊んでいた人も多いかもしれません。


ですが、最近では紫外線はシミだけではなく乾燥やたるみの悩みにも大きくかかわっていることがわかっています。

多少浴びることは骨を強くしたりするので、全く浴びなくてはならないわけではありませんが、ごく短時間にとどめてそれ以外はしっかり対策をすることが重要となります。


紫外線というと、夏場に日焼け止めを塗るというイメージを持っている人は多いかもしれません。

でもそれはある意味あっている部分もありますが、それだけでは足りないのが実情です。

一年中肌に悪影響を及ぼすことがわかっていますので、眠っているとき以外には常に意識して肌を守るアイテムを投入していくことを心がけましょう。


それでは具体的には、どのような対策を講じたらよいのでしょうか。

強烈な紫外線を浴びるレジャーなどの時以外は、一年中朝起きたら低刺激の下地クリームや日焼け止めで下地効果のあるもので、首までカバーします。


SPFやPAの値はそれほど高いものでなくても構いませんが、そこはその日一日をどのように過ごす予定なのかによっても臨機応変に対応しましょう。

レジャーの時などは、汗や水などの対策が必要ですので、SPFやPAなどの値は最高値にするのがおすすめです。


気を付けたいのは、耐水性でウォータープルーフやレジスタントといわれるようなタイプを使うことで、こまめに塗りなおすことで強烈な紫外線化から肌を守ることができます。

耐水性があるからといって、一回塗ってそのままではよくありません。

<
p>必ずこまめに塗りなおして、紫外線をカットする習慣をつけましょう。

耐水性が必要のない秋冬などは、基本的には露出する部分にはUVカット効果のある乳液やクリームなどをつけておくと安心です。

あまり値が高いものでは、余計な刺激が強くなってしまいますので数値にして20前後で構いません。


敏感肌やアトピーの人は、合う日焼け止めが見つからない人も多いことでしょう。

一つの目安は、ノンケミカルといわれるものを選ぶことです。

紫外線を防ぐ成分を、低刺激のものにしていますのでアレルギーなどを起こしにくく、比較的マイルド感触です。

体の内側からのケアにも注目

40代の女性3

紫外線対策というと、日焼け止めを塗るという印象が強いですが、実はバリア機能を高めるという上で、内側からのケアもばかにはできません。

例えば、最近は目から入る紫外線の影響は肌にも大きく及んでいるという研究結果も出ています。


ですが、目に化粧品を塗ることはできません。

そうなると、頼りになるのが飲む日焼け止めです。

これは、製薬メーカーや化粧品メーカーなど国内外でいろいろなところから出ています。

これは、紫外線を浴びる数時間前に飲んでおくことで、強力な紫外線をブロックしてくれるものです。


肌のコンディションを常に良いものにしておくことは、角質層を含めたバリア機能を正常にしてくれるので、多少に紫外線を浴びてもターンオーバーが崩れることはありません。

しかし、角質層が乱れていてターンオーバーが乱れているところに紫外線が当たると、さらに悪循環になっていますので注意しましょう。


美肌に良い成分といわれると、有名なのはビタミンかも知れません。

特にビタミンBとCには皮脂のコントロール作用やシミやそばかすを防いでくれる効果が期待できるので、紫外線対策と併せて、毎日の美容に欠かさずとりたい成分です。


食品にも含まれていますので、スムージーやサラダなどから積極的にとっても良いですが、無理な時にはビタミン剤に頼るのも一つの方法と言えます。

マルチビタミンなら、欲しい栄養素が一つになっているので忙しいときにも頼れる味方です。


ビタミンだけでなくミネラルが強化されているタイプなら、疲れも取ってくれて健康な肌を保つための強い相棒となります。

毎日の食事で積極的にとりたい食材は、アボカドやアーモンドなどの良質なオイル、ビタミンならキノコや野菜やフルーツなどをとるのも理想的です。


飲む日焼け止めと併せて、ダメージを最小限に防ぐためのベースづくりは健康な肌をたもつこと、という心得が必要です。

体の内側からのケアを続けながら、紫外線カットをしていくことが最も重要となります。


クリームやローション以外にも、物理的に紫外線を防ぐならストールや帽子やサングラスなども持っておくと便利です。

油断するとすぐに当たってしあうのが紫外線なので、一年中使いやすいアイテムをいくつか用意しておくのが良いでしょう。

晴雨兼用の折り畳み傘などは、ちょっとした日差しの強いときにも顔や首を守ってくれます。

栄養素の摂取と合わせて、気を付けるようにしましょう。