40代の美白ケアでは光老化によるシミと、糖化によるくすみの解消を目指してスキンケア

40代の女性

色が白くてキメの整った透明感のある肌は、年齢を感じさせない肌の条件です。

40代の美白ケアでは光老化によるシミと、糖化によるくすみの解消を目指してスキンケアをしていきましょう。


光老化は、細胞が紫外線のダメージを受けることで発生します。

紫外線には波長が短くメラニンを増やす原因になるUV-B波と、波長が長く表皮から真皮層まで届いてコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうUV-A波があります。

どちらも40代の肌にとって悪影響を及ぼすので、毎日の紫外線対策は欠かせません。


外出する時には日焼け止めを塗って、さらに帽子をかぶったり日傘をさしたりすることで、大抵の紫外線はブロックできます。

夏は日差しが強いので紫外線対策に気を使いますが、曇りの日や気温が低い冬になると、意外と紫外線対策をさぼってしまうので要注意です。

春や秋もまだまだ紫外線量は多く、雪が積もると反射した紫外線を吸収しやすくなってしまうので、美白のためには一年を通して紫外線対策が必要になります。


紫外線によって発生したメラニンの生成を抑える成分には、ビタミンCやエラグ酸、プラセンタ、アルブチン、ハイドロキノンなどがあります。

これらの成分はメラニンの生成に関わっているチロシナーゼを抑える働きがあるので、美白成分として基礎化粧品に配合されています。

特に、ハイドロキノンとビタミンCは色素を還元する作用があるので、既に沈着してしまった色素を薄くする効果が期待できる成分です。


ただ、敏感肌に傾きがちな40代にとって、刺激の強いハイドロキノンやビタミンCで美白ケアをしていると、炎症やかゆみなどのトラブルを招いてしまうケースがあります。

ラズベリーなどの果実から抽出されたエラグ酸やハイドロキノンの効果を弱めたアルブチンは、刺激が抑えられているので40代のお手入れに使いやすくなっています。


全体的に顔が黄色っぽくくすんでいるのは、糖化が原因です。

糖化は体内の糖質が肌を構成しているタンパク質と結びついた結果、発生するくすみのことで、タンパク質が変性して焦げたようになってしまうため、皮膚がくすんでしまうのです。

糖化はくすみだけではなく、細胞を劣化させるためシワやたるみも引き起こしてしまいます。


糖化対策をスキンケアに取り入れるなら、美白成分として抗糖化作用のあるコウジ酸やヨモギ、コウキエキスなどが配合されている化粧品を使ってみましょう。

そして、炭水化物を食べ過ぎないこと、食事をゆっくり食べることも糖化対策になります。


免疫力や抵抗力が衰え始めている40代は、皮膚を擦り過ぎることも色素が沈着する原因になるので、洗顔やお手入れの時にはあまり力を加え過ぎないようにしましょう。

根本的に美白を目指すために今できることは?

40代の女性2

若い時にはほとんど出ていなかったのに、30代後半~40代頃になると増えてくるシミ。

お肌の老化現象の一つでもありますし、できるだけ早い段階でケアをしておけば予防することもできます。

そもそもなぜシミが出来るのか、そのメカニズムを見てみましょう。


シミの1番の要因といわれるのが紫外線による影響です。

紫外線を浴びることで、お肌のメラノサイトという部分が刺激され、その防御反応でメラニン色素というものが作られます。

白人の方にシミが多いのは白いことでより多くのメラニン色素をつくってしまうためです。


このメラニン色素は、通常であれば古い角質がはがれて新しい皮膚に生まれ変わるターンオーバーという新陳代謝のサイクルがありますので、一緒に排出されていきます。

しかし年齢を重ねていくとこのターンオーバーのサイクルは乱れが生じます。


20代の時には25~6日でターンオーバーが行われていても、40代~50代にもなれば50日~60日とかかってしまうこともあります。

そうなればメラニン色素は排出されずに蓄積されていき、シミとなってお肌にあらわれてきてしまいます。


まず第一のアプローチ方法としては、紫外線を跳ね返したり吸収されないようにするために、日焼け止めを使って予防することです。

日焼け止めにはSPF値が記載されており、その数値が高ければ高いほど効果は高いです。

夏場はSPF値が50のものを使うとよいでしょう。


しかし数値が高いと肌への負担もかかりますので、それ以外のシーズンにはもう少し低いものを使ったり、メイクコスメでも紫外線カットできるタイプのものを使っていくとよいです。

大事なことは紫外線は夏だけではないので、1年を通して使うといういことです。


さらにもう一つできる予防対策に、美白化粧品を使うということがあげられます。

ホワイトニングと記載されていたり、美白と記載されている化粧品の多くには、アルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体といった有効成分が配合されています。

これらの有効成分の配合されている化粧品を使うことで、メラニン色素を抑制したり排出されやすくなるという効果が得られますので、毎日のスキンケアで使っていきましょう。


医薬品ではない美白化粧品は、メラニン色素の生成を抑制することはできますが、できてしまったシミを薄くしたり消したりするというところまでの効果は期待できないこともありますので、さらに医薬品を使っていくアプローチもお勧めです。

40代の肌には美白と保湿でアプローチするのが大事!

40代の女性3

年齢肌のサインの中でも、シミは特に気になるという方が多いのではないでしょうか。

若い時にはほとんど目立たなかったシミも、40代を超えてきますとターンオーバーの乱れもありますし、新陳代謝が正常におこなわれなくなって増えてきます。

メラニン色素が生成されることが影響します。


そこでそのメラニン色素の生成を抑制することができる美白化粧品を使っていきましょう。

代表的な有効成分でもあるハトムギエキスやビタミンC誘導体、さらにアルブチンなどが配合されている美白化粧品を使うことで、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える事が出来るので、継続して使えばシミ予防に大きな効果が期待できます。


シミが出来るメカニズムを考えた時に、乾燥も影響することを忘れてはいけません。

お肌のコラーゲンの生成量は30代後半からどんどん減少してきますので、肌のきめも整わず保湿力が低下しますので乾燥しがちになってきます。

同時にたるみやシワの原因にもなりますし、シミだけではなくアンチエイジング対策を行うのであれば保湿も同時に行っていくことが大事です。


保湿成分にはヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどがあげられますので、それらと美白効果のある成分両方を取り入れていくと効果的です。

例えば美白メインの化粧水に保湿力の高い美容液を追加するといった使い方もお勧めです。


さらに今注目されているのがプラセンタという成分です。

プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出された成分で、化粧品では馬や豚や羊のものが使われていることが多いです。

ドラッグストアなどではあまり見かけないかもしれませんが、通販専売品などでは結構出ていますので要チェックです。


内側からアプローチしてさらに効果を高めたい方は、美容注射でプラセンタを使ったり、サプリメントなどを利用するのもよいでしょう。

プラセンタは成長因子を含んでいますので、細胞を活性化させてターンオーバーの乱れを正常化してくれる効果も期待できます。


ターンオーバーは美白を目指すうえではメラニン色素を排出するために大事なメカニズムですし、もちろん肌の質を整えることでも重要になってきますので、プラセンタは使ってみる価値があるでしょう。

新陳代謝が十分に行われることで、肌もやわらかくなっていきますので当然保水力もあがり化粧水の浸透もよくなります。


色々な化粧品が出ていてどれを選んでよいか迷うこともあるかもしれませんが、年齢や季節に応じてカスタマイズしていくのも大事なポイントです。