日々のスキンケアを心がけ、しっかりと保湿…

40代の女性

栄養をきちんと取り、皮膚などに栄養が不足しないように食生活を改善も…

40代になると、肌が乾燥しやすくなります。

特に冬場などの気温が低く、空気が乾燥している時期などでは、肌の乾燥もかなりのものでしょう。

そのため、20代や30代の時と同じようなスキンケアをしていても、肌の状態を維持できないこともあります。

また、若い時期に比べると、40代の肌は保水力が落ちてきているため、スキンケアをする場合には、しっかりと保湿をすることが重要です。


特に顔などは、洗顔をすることで、皮膚に付着した汚れ、体内から分泌される皮脂の余剰分などを洗い流すことで、毛穴の詰まりを予防し、きれいな皮膚を維持するためには、適度に洗顔をすることが大切です。

ですが、洗顔後などは、皮膚から水分が蒸発しやすく、乾燥しやすい状態になるため、しっかりと保湿をすることが必要です。


しかし、40代の場合では、若い時期よりも、皮膚なども外部からの刺激に弱くなっているため、化粧品でスキンケアをするつもりでも、化粧品自体が皮膚に対して刺激となり、皮膚が荒れる原因、乾燥の原因となることもあります。

そのため、自分の皮膚の状態などを考慮しつつ、化粧品などが、自分になじむものなのかどうかをチェックする必要もあるでしょう。

もし、皮膚が荒れたりする原因になる場合には、低刺激の化粧品を購入するほうがいいでしょう。

また、保水力が低下しているため、保湿のための化粧品としてセラミドを含む化粧品を使うようにしましょう。

セラミドが配合されているものは、比較的皮膚などに対しても低刺激の傾向があることや、保水力の低下を補うための保湿という点において、セラミドは保湿に優れている傾向があります。

そのため、皮膚が荒れる、また乾燥しやすいと悩んでいる場合には、セラミドなどが配合されている化粧品を用いて、スキンケアするようにしましょう。


保水力の低下は、皮膚の乾燥、そしてシワなどにも影響してきます。

そのため、しっかりとスキンケアで保湿をすることはとても重要だといえるでしょう。

日々のスキンケアを心がけ、しっかりと保湿して、きれいな皮膚、乾燥を防ぐためにもケアしていきましょう。


また、皮膚の状態をよりよく保つために、睡眠をしっかりととり、運動をすることも大切です。

自律神経、ホルモンバランスの安定するように、また、代謝機能の向上、血流の改善を促すことにより、皮膚の状態をよくしていきましょう。

また、栄養をきちんと取り、皮膚などに栄養が不足しないように食生活を改善していくことも保水力対策の一つといえます。

毎日、手軽にできる保湿方法

40代の女性2

40代はお肌が気になる年齢でもあると同時に、毎日仕事や家事に追われて忙しく過ごす世代ともいえるでしょう。

ですから、保湿しなくてはいけないと思っていても、なかなか時間をとることが難しい場合もあります。

そんな時には、毎日の生活の中で手軽にできるような方法を取り入れてみることがおすすめです。


まず、入浴時間を有効に使うことを意識してみましょう。

保湿に必要なのは、潤いですから、湿度の高いお風呂場はスキンケアにとって最適といえる環境です。

また、体を温めることで新陳代謝も活発になりますから、夏の暑い時期などにはシャワーだけで手短に済ませてしまいがちな人も、お肌のことを考えるのなら、ぬるめの湯船にゆっくりと浸かるようにしたいものです。

寒い時期には、体の芯から冷えていることもあります。

女性にとって冷えは体の不調の原因になったり、お肌にも影響してきますから、やはりじっくりと体を温めることが大切です。


その際、保湿という点で大切なのは、入浴剤などでお肌の潤いを保つ工夫をするということでしょう。

水で濡れていると、潤っていると感じてしまうものですが、蒸発する時に回りの水分も伴って蒸発するため、余計に乾燥してしまうことになります。


また、キッチンでお皿を洗う時、お湯で洗うとお皿の乾きが早いという体験をしたことがある人もいることでしょう。

お湯の場合は、水よりも蒸発のスピードがあるために、より乾燥してしまうことにもなります。

ですから、お風呂でお湯に浸かっているのは、潤っているようで乾きにも注意が必要なのです。

それを防ぐために、入浴剤は欠かせないものになってきます。


ただし、最近では様々なタイプの入浴剤が販売されていますが、なかには痒みなどのトラブルになる成分が含まれているものもあるので、特に普段からかぶれなどを起こしやすいという自覚がある人は注意するようにしたいものです。

合成着色料が入っていたり、香りが強すぎたりするような入浴剤ではトラブルが起きやすくなります。

そのようなトラブルが起こってしまっては、せっかくお肌のためにと頑張ったことが逆にダメージを与えることにもなりかねません。

そのような時は、赤ちゃん向けの商品を選んでみるのもおすすめです。

成分も優しいもので作られていますし、子どもにも安心できるので、家族皆で使うこともできるため、忙しい毎日でも負担なく続けていくことができる方法です。

保水力を高める習慣を身に着ける

40代の女性3

お肌の老化には様々な原因があるといわれています。

紫外線や摩擦などの外部刺激によるもの、アルコールや油っぽい食事の摂りすぎによる肌荒れから起こるものなどです。

その中でも、特に老化に直結してくるのが乾燥といえます。

日本は梅雨や夏の時期には高温多湿の気候が続き、冬には空気が乾燥してお肌の乾きも気になってくるものですが、実は一年を通して乾燥という問題は起こり得るものといえるでしょう。


夏場など、汗をかいているので潤っていると思いがちですが、意外と内部は乾燥しているものですし、空気が乾燥している冬場には更に乾燥はひどくなってきます。

ですから、大切なのは保水力ということになるのです。

保水力を高めるためには、高価な化粧品の力を借りるということもひとつの手段といえますが、それよりも、保水力を低くしてしまうような行為を普段からしないという心がけがとても大切です。


40代のお肌は長年の紫外線や乾燥という刺激にさらされてきているので、新たなダメージに立ち向かうためには若い肌ほどパワーを保つことは簡単ではありません。

特に、寒い冬の朝などは、ついつい熱めのお湯で顔を洗いたくなってしまうものですが、これも気をつける必要があります。

たしかに、顔を温めることは血行促進にもつながりますし、良い面もあるのですが、お湯という性質上、水分を必要以上に奪ってしまうことにもなりかねませんから、ぬるめのお湯で洗顔するように心がけましょう。


また、摩擦についても、普段気づかないうちに習慣になっている可能性もあるので、例えば自分がいつもタオルで顔を拭く時、どのように拭いているかを思い出して意識してみると良いでしょう。

意外と目の周りなどゴシゴシと拭いてしまっているかもしれません。

クレンジングや洗顔の時にも、同様のことがいえます。

目の周りの皮膚は特に薄いので慎重に抑えるように指を動かす癖をつけたいものです。


タオルで顔を拭く際にも、そっと押さえつける程度で水分を拭き取りましょう。

摩擦をできるだけ少なくすることが角質層をいためることなく、保水力を高めることになりますので、面倒と思っても優しくいたわるようにするのが大切です。

水分を拭き取った後のお手入れも忘れずに行いたいものです。

美容クリームなどをたっぷり塗れば保水できると思われがちですが、実はそうではありません。

多すぎ多すぎる油分は本来持っている力を弱めてしまいますので、まずは化粧水などで保水してから少量の油分をつけるのが保水力を高めるポイントです。