ベースメイクで気になる部分を隠して雰囲気を変える方法をおすすめ…

40代の女性

迷ったらいつも買っているブランド、口コミを参考に…

基礎化粧品で肌を整えても、肌の悩みを完全に消せないのが40代の特徴です。

いくら化粧水や乳液で整えても、シミやシワが出てくる年齢でしょう。

完全に消しても不自然さが残るだけなので、ベースメイクで気になる部分を隠して雰囲気を変える方法をおすすめします。


ベースメイクで欠かせないファンデーションは、パウダー・リキッド・クリーム等があるので、肌質や好みで選んで下さい。

さらっとした質感や持ち運びを考えている人はパウダーを、肌の凹凸をしっかり隠したい人はリキッド、保湿を大切にしたい人はクリームが使いやすいです。

化粧下地で保湿したりテカリを抑えることもできるため、使い心地を優先して選んでみると良いでしょう。

いつも使っているブランドがある人は、そのブランドが出しているファンデーションを使う方法もあります。


パウダーファンデーションは乾燥しやすく、時間が経つと崩れが目立ってしまうところが短所です。

化粧下地を工夫したり、ファンデーションを塗り終わったあとにミストタイプの化粧水をひと吹きすると長持ちします。

化粧崩れも汚く崩れるものと目立たない場合があるので、購入するときは即決せずにサンプル等で様子を見てからすることがポイントです。

リキッドタイプは乾燥しないので好きという人もいますが、最後にパウダーをつけたほうが美しく仕上がります。

汗で崩れることを防ぐ役割もするため、相性の良い仕上げ用パウダーを探して下さい。

クリームタイプは保湿できて人気ですが、塗る量が多いとムラができることも。


失敗しない選び方は、タッチアップしたあと買い物を済ませて、誰かに見てもらうことです。

歩き回ったり動いたりすると、自然にメイクが崩れるので崩れたときの様子が分かります。

鏡でチェックするのは当然ですが、人から見てどんな状態かを知れば確実です。

友達と会う予定があれば、変化を指摘されるでしょう。

家に帰って普段通りに家事をしていれば、家族が何か言ってくる可能性もあり、似合っているのかが分かります。


40代だから何でも良いと適当に考えず、化粧品は慎重に選ぶようにして下さい。

値段やブランドに関係なく、化粧品の成分は確認して肌荒れやアレルギーを防ぐことが大切です。

ぴったりの化粧品が見つかると、メイクも人に会うことも今まで以上に楽しめるはずです。

迷ったらいつも買っているブランド、口コミを参考に化粧品を探してみましょう。

顔色が明るく見えると、ご自身の気分も明るく変わります。

40代こそファンデーションが大切


パウダーは粉状になっているファンデなので、化粧下地を工夫したり、ミストなどでこまめに化粧崩れを防ぐことが大切です。

また基礎化粧品でしっかりと肌を整えておかないとファンデが浮いてしまうことがあるので要注意です。


リキッドは崩れにくいので好んで使う人も多いですが、時間が経つと崩れることがありますし、汗で流れてしまうこともあります。

そのような状態にならないためにも、リキッドを使用した後に粉をはたいておくほうがきれいに仕上げることが出来るということです。

クリームは伸びが良いものを選びましょう。

伸ばしやすいものは簡単に化粧をすることが出来るので人気がありますが、塗る量を間違えるとムラが出来てしまうので大変です。

使用量をきちんと守って、丁寧に伸ばすことが重要です。


それぞれのファンデーションに正しい使い方があります。

使い方や化粧直しの方法を確認してこまめにチェックすることで、肌をきれいに見せることが可能です。

40代になるとファンデーションなんてどんなものでもいいや、と思ってしまう人もいますが、実はファンデこそ自分にあったものを選ぶことが大切なのです。

自分に合わないものを使うと、肌がくすんで見えたり暗く見えることもあります。

きれいな肌に見せることで、若々しい雰囲気を出すことが可能です。

まずは自分の肌質にあった化粧品を探してみるといいでしょう。

自分の肌質にあったファンデを探そう

40代の女性3

40代になると乾燥しやすい肌質に変化をする人も多く、ファンデーションを選ぶときにはまず自分の肌質を確認する必要があります。

肌質には4種類あり、乾燥、混合、オイリー、敏感の4つです。

それぞれに特徴があるので、まずはその肌質にあったファンデの種類を理解しておく必要があります。

たとえば、乾燥肌におすすめのものは、ジェリータイプのクッションファンデです。

じゅわっと出てくるファンデは肌に密着し、さらに保湿効果も高いので肌をきれいに見せてくれます。

また、くすみやしみなども隠す効果が高いので、40代だけではなく30代にも人気が高いといいます。


オイリーにおすすめのものはパウダーファンデです。

余分な皮脂を吸収し、テカリを抑えてくれるので化粧崩れもしにくくなります。

また、なめらかな使い心地のものも最近は人気があるので、自分にあったもので使い心地が良いものを探してみるといいでしょう。


混合肌の型におすすめしたいのは、リキッドタイプのものです。

ただし、テカりやすいTゾーンなどは厚塗りをしないように意識してスポンジなどを使い、しっかりと伸ばして使うことが大切です。

薄く伸ばした後、パウダーファンデなどをさっとつけることで、肌をさらにパッと明るくすることが出来ます。

オイリーな部分の崩れも抑えることが出来るので、リキッドとパウダーはセットで持っておくといいかもしれません。


敏感肌の場合はミネラルタイプのファンデを使うといいです。

潤いを保つものと低刺激のものを探して使うといいです。

また、このミネラルタイプのものは石鹸だけで落とすことが出来るものも多いので、肌への刺激を少なくすることが出来るというのもおすすめの理由です。


どんな肌質でも、基本の洗顔や基礎化粧品を正しく使っていなければ意味がありません。

洗顔フォームはしっかりと泡立てて、優しく顔を包むように洗うことが大切です。

決してごしごしと力を込めて洗わないようにしましょう。

また基礎化粧品は洗顔後や入浴後、5分以内につけることを徹底しましょう。

そのまま放置しておくと乾燥してしまい、かゆみやつっぱりを感じるようになります。

そうなると急に化粧水などを塗布すると肌が驚いてしまい、浸透しにくくなることもあるので、出来るだけ早めに化粧水など基礎化粧品を使わなければいけません。

40代だからといって手を抜いてしまうのはもったいないです。

きちんとケアをすることで、美肌を保つことが出来るでしょう。