乾燥はあらゆる肌トラブルの原因…バリア機能や回復機能が著しく低下

40代の女性

シミはどの年代でも出現し得る肌悩みのひとつです。

ただ年齢が若いと、肌の機能が高いため、シミも目立ちにくい、あるいは本格的に出現する前にターンオーバーで剥がれ落ちてしまいやすいと言えます。

その点、40代は肌機能が少しずつ、低下し始める年代です。

また肌のコンディションを保つ役割を果たしている女性ホルモンの分泌も、少しずつ減少していくことから、シミが出現しやすい、そしていつまで経っても目立ったままで残りやすいと言うことができます。

これまで浴びてきた紫外線ダメージなどが出現しやすいと言うのも、40代ならではだと言うことができます。


シミに悩む40代におすすめの美白コスメとしては、保湿機能に優れた成分を含んだものであり、なおかつ肌に刺激が少ない美白成分を含んだものが挙げられます。

まず保湿機能についてです。

シミと保湿、一見すると無関係のように思われるかもしれませんが、乾燥はあらゆる肌トラブルの原因とも言われています。

それは肌の乾燥が深刻になると肌のバリア機能や回復機能が著しく低下するためです。

バリア機能が低下すれば、少しのダメージでもメラニン色素が過剰に分泌されやすくなり、それはシミの出現につながります。

そして回復機能が低下していると、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期も乱れやすくなり、いつまで経ってもシミが薄くならないような状態が続いてしまいます。

普段から乾燥肌に悩まされている人は、40代になりますますその程度が酷くなることも考えられます。

ですからまずは、何はともあれ肌を保湿する機能を持ったコスメを利用するのがおすすめです。

そしてその上で、シミやその原因であるメラニン色素に働きかける成分を含んでいるコスメを使用することが望ましいです。


美白に対して有効性が期待できる成分としては、まずはビタミンC誘導体が挙げられます。

メラニン色素を活性化させる活性酸素の働きを抑制し、更に肌の弾力成分であるコラーゲンの生成に働きかける作用が期待できるビタミンCを、人工的に安定化させたのがこの成分です。

それからハイドロキノンで、こちらは発生してしまったメラニン色素を薄くする、漂白作用に優れている成分です。

このふたつは、比較的、早い段階での高い効果が期待できる成分とされていますが、その分、少し刺激が強いと感じることが多いとも言われています。

ですから自分の肌の状態と相談しながら利用するのが望ましいです。

メラニン色素が生成される過程を阻害する美白成分としては、エラグ酸やアルブチン、コウジ酸などが挙げられます。

これらの成分は、植物や麹菌が由来となっているので、比較的、刺激が少ないのが魅力です。

ですから敏感な40代の肌にも、安心して使用することができます。

ドラッグストアや通販専売品でも購入できるシミに強い美白化粧品

40代の女性2

若い時にはほとんど気にならなかったけれど、40代頃から急にシミが気になりだしたという方は多いです。

シミはシワやたるみなどと同様に老化現象の一つでもありますし、見た目でも老けた印象になってしまいますのでどうにかしたいものです。


メイクアイテムも充実していますのあ、コンシーラーを使ったりファンデーションで対応することもできます。

しかしメイクを落としてすっぴんの状態ですとシミはもちろんたくさんある状態ですし、ナチュラルメイクを目指したい方はできるだけ早い段階でシミ対策を行っていくことが大事です。


日々のスキンケアで美白を考えたい方は、美白効果のある有効成分の入った化粧品を選ぶことが大事です。

代表的な有効成分にはハトムギエキスやアルブチン、ビタミンC誘導体などがあげられます。

これらの有効成分には、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する事が出来ます。


紫外線を浴びることで、お肌のメラノサイトが刺激されてメラニン色素が生成されます。

この時通常であればメラニン色素は古い角質とともにはがれていく、ターンオーバーという肌サイクルによって排出されていきます。

しかし年齢とともにこのターンオーバーの働きがにぶくなってきますので、メラニン色素も蓄積されて濃くなりシミとなってあらわれてしまいます。


そこで注目したいのが、メラニン色素の生成を抑制させることができる化粧品です。

美白というと色が白くなるというイメージを持つ方もいるかもしれませんが、基本的にはこのシミを減らしたり、抑制させるということ、またターンオーバーを促進することでくすみのない透明感のある肌にすることをさします。

これができるのが美白化粧品に含まれるハトムギエキスやアルブチン、ビタミンC湯動態なのです。


こういった美白化粧品はドラッグストアや百貨店、また通販専売品などでも購入する事が出来ます。

選ぶ時のポイントは、初めて使う方はやっぱり口コミ評判で評価が高いももやランキング上位の者から使ってみることをお勧めします。

多くの方が良いと言っているものは、必ず何か理由がありますし満足度も高いということになりますので使ってみる価値があるでしょう。


最終的には自分の肌に合ったものを選ぶというのが重要ですし、季節やその時の肌の状態によっては保湿効果も高いものを使うことが大事ですので、うまく使い分けをしていくとよいです。

保湿と美白と両方の効果のある化粧品もあります。

漂白作用やターンオーバー促進効果がある医薬品を使うのもお勧め

40代の女性3

シミへのアプローチ方法というと、美白化粧品を使うことを第一に思い浮かべる方が多いかもしれません。

アルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体にはシミの原因でもあるメラニン色素の生成を抑制する事が出来るので、予防効果は高いです。


しかし予防には効果があっても、できてしまっているシミを薄くしたり消したりといったところまでは難しいです。

使い続けていけば目立たなくなってくるという場合もありますが、より効果が高いものを使いたい方は美容皮膚科などでも処方されている「ハイドロキノン」を使うのがおすすめです。


ハイドロキノンは漂白作用があるというのが、美白化粧品に配合されている美白成分と大きな違いです。

使い続けていけば、漂白作用でどんどんシミが目立たなくなっていきますし、コンシーラーを使わなくても目立たなくなったり消すところまでの効果が出る場合もあります。


またこのハイドロキノンを使うとき、併用するとさらに効果がアップするのが「レチノイン酸」です。

レチノイン酸にはターンオーバーを促進する効果が期待できます。

ターンオーバーというのは古い角質や老廃物、シミの原因ともなるメラニン色素も排出されていきますのでシミにも効果があります。

<

20代の時には25~6日ほどでこのターンオーバーが行われていた方も、40代50代とそのタイミングは50日を超えてしまうこともありますし、そうなれば古い角質が固まってごわついたり透明感がなくなったり、乾燥も引き起こされてしまいます。


レチノイン酸とハイドキノンを併用することで、ターンオーバーが整って浸透しやすくなります。

せっかく美白成分のある化粧品を使いたいと思っていても、ターンオーバーが乱れがちで古い角質が蓄積された様状態です。


様々なコスメが登場していますが、目的に合わせて普段のスキンケアに追加して使うことで、効率よくシミを薄くしたり消したりといったことも可能です。

ハイドロキノンやレチノイン酸は美容皮膚科で簡単に処方してもらえます。

肌には強い成分ですので、最初に使うときには濃度の低いものなど医師と相談しながら使っていくとよいでしょう。


エステサロンでスペシャルなケアを受けることもお勧めですが、根本的にシミへのアプローチが出来、なおかつターンオーバーも正常化させたりコラーゲン生成量も増やす事が出来るトレチノインもうまく使うことで効果が期待できます。


個人輸入であれば、簡単に通販間隔で取り寄せることも可能です。