ほうれい線の原因になっているしわやたるみは、もともとお肌の水分量が減少することで起こる老化現象…

40代の女性

これらのしわなどを消す為に、コラーゲンの入っている食品を積極的に摂取…

ほうれい線は、年齢を重ねるごとに目立つ口周りのしわや線のようなたるみなどを指します。

女性は特に、写真を撮るときなど笑顔の横にくっきりと目立つしわに落ち込む人も多いです。

加齢に伴い、コラーゲンなどが減少することが主な原因になりますが、やはりいつまでも若々しいお肌をキープしたいと考えている人が多いです。

このほうれい線を消す為に普段どのような生活をすればよいのか、特に40代の女性が工夫すべき点などをじっくりと考えていく必要があります。


例えば、普段の食事の中で、ほうれい線に効くような食品を補ってみることが大切です。

ほうれい線の原因になっているしわやたるみは、もともとお肌の水分量が減少することで起こる老化現象になります。

これらのしわなどを消す為に、コラーゲンの入っている食品を積極的に摂取することが大切です。


例えば、お肉やすっぽんなどの動物性たんぱく質には、これらの成分が多く含まれています。

更に、サプリメントなどがインターネットで気軽に購入できるため、普段の食事にサプリメントも一緒に摂取するというスタイルで積極的にコラーゲンを取ることが大切です。

サプリメントは、コラーゲンやヒアルロン酸と呼ばれる、お肌の水分量を上げる目的のある成分がたくさん入ったものがおすすめです。

サプリメントもカプセル状になっているので、毎日気軽に取り入れることができる点が魅力的です。

また、サプリメント以外でもほうれい線を消す方法はあります。


次に注目するアイテムはコスメです。

エイジングケア化粧品や、美容液などは、お肌のたるみやしわなどを防ぐ成分が多く含まれています。

スキンケアは毎日の習慣になるので、できるだけ簡単なケアで、ほうれい線を防ぐことができれば忙しい女性には大助かりです。


例えば、オールインワン化粧品であれば、洗顔あとにジェルをつけるだけで、ぷるぷるのお肌を実感できるようになります。

特に、小さな子どものいる子育てに忙しいままや、仕事などでなかなか自分の時間が持てない40代のキャリアウーマンなどにも、これらの簡単にケアができるスキンケア商品は非常に便利でおすすめです。


また、効果を実感できない場合に、返品処理などができる商品もあるので、それらのお得なキャンペーンを積極的に活用すると良いです。


40代の女性には、中からコラーゲンやヒアルロン酸などを取り入れることのできるサプリメントと、外からほうれい線を防ぐことのできるスキンケアや化粧品を積極的に使うことが大切です。

マッサージをしてほうれい線を遠ざけよう

40代の女性2

40代になると年齢サインを無視できなくなりますので、本格的なケアをしていく必要があるでしょう。

ほうれい線の原因は顔全体にあることが多いため、小顔マッサージをすると効果的です。

むくみが発生している部位をよく揉みほぐして老廃物を排出すれば、綺麗な肌を実現できるでしょう。

老廃物を溜め込んでいると肌が膨らんで見えてしまいますが、これは十分に保湿されてプルプルになっている状態とは異なります。

不要なものが肌に存在する状況は好ましくなく、その部位に冷えを招いてしまうのです。


冷えた部位は肌が不安定になりやすく、新陳代謝も悪くなるので注意してください。

ターンオーバーが正常なサイクルで作動しなくなりますので、さまざまな肌トラブルが発生してくるのです。

ほうれい線もそのひとつであり、むくみが発生している状態が続いている人は要注意です。

体型は変わらないのに顔が太くなってきた場合はむくみが原因かもしれません。

顔のマッサージは自分で気軽にできますので、定期的にほぐしてあげましょう。

リンパをしっかりと促進することが肌細胞を元気にし、若々しい状態を維持してくれるのです。


目元が疲れている状態もほうれい線の原因になりますので、消すために眼精疲労を解消しましょう。

ブルーベリーやルテインなどのサプリが役立ちますが、眼球マッサージも即効性があるのでおすすめです。

このマッサージは非常にシンプルで、眼球をぐるぐると回転させるだけです。

時計回りに10回転させ、今後は反時計回りに10回転させると目がかなり楽になるはずです。

特にデスクワークをする人は眼球が一点集中しやすいので注意しましょう。

目元が疲れてくると頭痛や肩こりを招きやすいことからも、さまざまな部位に影響を与えるのがわかります。

ほうれい線のリスクも高めますので、眼精疲労はこまめに解消してください。


頭皮が硬くなっている状態も好ましくないので、洗髪前にマッサージをしておくといいでしょう。

マッサージはツボなどを覚えておく必要はなく、指で回転マッサージを加えるだけで問題ありません。

それにより血行が促進されますし、顔の皮膚の柔軟性も復活するでしょう。

頭皮と顔の皮膚はつながっていますので、フェイスラインを整えたりリフトアップをさせたりするためには、頭皮をほぐしていく必要があるわけです。

頭皮を含んだ顔全体の皮膚を柔軟に動きやすくしておくことがほうれい線対策になります。

ほうれい線対策には立体的なケアが必要

40代の女性3

しわはメイクだけでかなりカバーできますが、ほうれい線となると簡単ではありません。

通常のしわより深いので厚塗りが必要になりますし、ファンデーションが浮き上がって違和感が生じることもあります。

ほうれい線は皮膚だけに要因があって生じると思われていますが、筋肉や骨格なども関係しています。

つまり老化現象の一環として発生するもので、40代くらいになるとくっきりしたほうれい線が発生する人はめずらしくありません。

顔の骨というのは実は20代より40代のほうが小さくなっています。

それなのに顔が大きくなってしまう場合は、余分な水分が蓄積している可能性大です。


ほかにも皮下脂肪が減少してくるので、ふっくらした肌を維持できなくなります。

脂肪は悪者扱いされることが多いですが、弾力性のある肌を形成するためには欠かせません。

無理なダイエットをするとほうれい線が深くなる可能性がありますので、40代でダイエットに挑戦する人は決して無理をしないようにしましょう。

無理をしたツケは必ず後からきますので、あとあと後悔することになりかねません。

綺麗になるためにダイエットをしたのに、ぐっと老け上がってしまったというケースは多いです。


加齢に伴ってほうれい線ができるのは自然なことであり、完全に消すことは難しいです。

ただ適切なスキンケアとマッサージをしておくことで、最小限に抑えることができます。

化粧水や美容液を使用するときは、しっかりと保湿させることがポイントになります。

十分に液剤を塗布してから手のひらでパックをするようにすれば、吸収性を高められるでしょう。

スキンケア用品は人肌くらいに温めると、冷たい状態より浸透がよくなるのです。

なるべく深部まで水分を届けていくことが、弾力性と立体感のある肌形成に役立ちます。


40代からスキンケアの見直しをするのは遅いと思うかもしれませんが、正しいスキンケアはどのようなタイミングで行っても相応の効果を得られます。

もちろん若いうちから正しいケアをするのが好ましいですが、40代だからという理由で諦める必要はないのです。

老化サインはメイクで隠してしまえば楽ですが、隠すという選択肢はごまかすことを意味します。

化粧水や美容液、クリームなどの基本アイテムを正しく使用し、消していくのが一番よい方法です。

就寝中は肌が生まれ変わりますので、就寝前のケアは特に徹底してください。

それがターンオーバーを正常にするコツでもあります。