たるみ毛穴は特に皮膚が下がりやすい頬の毛穴に多い…

40代の女性

丁寧にメイクをしても、何となく肌のキメが荒れて見えてしまうのは、毛穴のたるみが原因かもしれません。

40代の肌は20代や30代の頃と比べると新陳代謝のサイクルが長くなり、皮膚の生まれ変わりに必要な成分も減少しがちです。

肌を支える力が弱くなって重力に負けてしまうと、開いた毛穴が垂れ下がってティアドロップ形になってしまいます。

たるみ毛穴は特に皮膚が下がりやすい頬の毛穴に多く、皮膚を指で伸ばしたり髪をギュッと後ろに束ねたりすると、たるみ毛穴は目立たなくなることがあります。


ただ単に開いている毛穴なら、ピーリングなどで角質ケアをしてから、収れん化粧水で肌を整えるというスキンケアで対応できるのですが、40代のたるみ毛穴には、弾力やハリを取り戻すようなお手入れが必要になります。

皮膚を支えている真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといったハリと弾力を維持するための成分が存在しています。

真皮層の美容成分が少なくなってくると、密度が低下して層が薄くなってしまうため、表面が緩んでしまいたるんだ状態になってしまうのです。


40代になり、たるみ毛穴が気になってきたら、繊維芽細胞を活性化する成分が配合されているスキンケア製品を使ってみましょう。

繊維芽細胞は真皮層でコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを作り出している部分で、この細胞が活発になってくると美容成分の量が増えてくるため、ハリと弾力を取り戻す効果が期待できます。

繊維芽細胞に働きかける成分には、ビタミンC、レチノール、プラセンタなどがあります。


真皮層は角質層のさらに奥にあるので、一度ダメージを受けてしまうと回復しにくい部分です。

真皮層を守るためには、その上にある基底層や角質層を健康にして、バリア機能を高めることも効果的です。

保水力の高いセラミドのような成分が配合された化粧水で乾燥対策をしていると、バリア機能が回復してくるので真皮層をガードする力も高まってきて、たるみ毛穴の予防につながります。


メイクで簡単にカバーしたい時は、凹凸を滑らかに整える効果のある化粧下地を使ってみましょう。

キメの粗さを隠したいからといってファンデーションを厚塗りしてしまうと、余計に凹凸が目立ってしまうので、下地で滑らかにしてから薄づきのファンデーションで仕上げると、ナチュラルで化粧崩れがしにくくなります。

保湿効果があるタイプや光を拡散する粒子を使ったタイプ、皮脂をコントロールしてくれるタイプなど、肌質に合わせて選べるので、キメの粗さを感じさせないつるんとした質感に仕上がります。

40代の毛穴のたるみはスキンケアで目立ちにくくできる

40代の女性2

40代になると、30代の時と比べて肌の衰えを感じる人が増え、もともとあった悩みが深刻になっていきます。

小じわが気になる、シミが気になるなどピンポイントの悩みだったものが、徐々に小じわとシミ、くすみにたるみといった複数の悩みが同時に出てくるようになることも40代の特徴です。

メイクをすることである程度隠すことができる悩みもありますが、メイクで隠すことが難しかったり、メイクが台無しになってくるのが毛穴のたるみです。

皮脂が詰まって開いてしまう若い頃の毛穴の開きとは違って、クレンジングや洗顔で改善することができず、間違ったケアをすることでさらにたるんでしまうのが40代です。


毛穴のたるみは、穴の部分が大きくなって開いているように見えるため、開いているのと同じように考えてしまう人もいますが、たるみは周辺の肌細胞が水分不足に陥っているために縮んでいたり、内側で肌を支えている弾力繊維が衰えたり、減少したりすることによってたるんでいったりすることが原因です。

毛穴自体が開いているのではなく、周りから引っ張られるような形で広がって見えるということになっています。


引っ張られるように大きく開いてしまっているため、下の方に引っ張られるようなしずく型になっていることが特徴で、ファンデーションを塗ると微粒子が内側に入り込んでぶつぶつと無数に穴が開いているのが見えたり、周辺からメイクが崩れていってむらになったりするため、メイクが台無しになり化粧直しのたびにため息をついたり、ファンデーションを塗ること自体が嫌になってしまうこともあるほど深刻な悩みになることもあります。


40代の毛穴の悩みは、乾燥に偏ってきている肌質に対応して、保湿を重視したスキンケアをすることで改善が期待できます。

周辺の細胞が縮んでハリを失っているため穴が目立つという場合には、水分をたっぷりと補給することで周りの細胞のひとつひとつがふっくらとして自然に穴の開いた部分も目立ちにくくなっていきます。

光があたったときに、穴の部分に影ができてしまってさらに大きく目立ってしまうたるみも、水分補給をたっぷりと行い、保湿成分で長時間水分をとどめておくことができれば影も少なくなって目立ちにくくなるのです。

水分不足を補うと、キメが整い、水分で満たされると光をきれいに反射することができるようになるので、ふんわりとした透明感に包まれて影が目立ちにくくなるというメリットもあります。

毛穴たるみを目立ちにくくする化粧品の選び方

40代の女性3

シミや小じわ、くすみなどメイクで隠したい部分が増えてくるのに、毛穴がたるんでファンデーションが落ち込んだり、崩れたりしてきたなくなるのでメイクが台無しになるという悩みを解消するために最初のステップが保湿です。

40代の肌は、もともと皮脂の分泌が活発でニキビやべたつきで悩んでいたという人でも、肌の水分量が減ってくるために乾燥肌になってくるという年代なので、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分をたっぷりと含んでいる化粧品を選んで、水分不足を解消することが大切です。

軽度のたるみであれば、しぼんでいる細胞を水分で満たしてふっくらとさせることで、たるみが目立ちにくくなる効果が期待できます。


保湿に加えて大切なのが、年齢とともに減少してくる弾力を回復させることです。

コラーゲンやプラセンタなどハリを持たせる成分を含んだ化粧品を選ぶことで、内側からのハリを回復して表面がふっくらとしてくるためにたるみが目立ちにくくなってきます。

最近では、皮膚の内側でヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの弾力に関わる物質を作り出す線維芽細胞を活性化させて、自分自身の力でハリを取り戻すことができるビタミンCやレチノール、プラセンタなどが注目されています。

肌自身が若々しいハリを作る成分を作り出すことができるように、活発にすることで内側から弾むような弾力や若々しいハリをキープすることができると話題になっているのです。

線維芽細胞を活性化させる成分を含む化粧品を使う時には、自分に合うかどうかを確かめながら使用することが大切ですが、小じわやたるみを改善することができるので、40代になったら積極的に試してみたい成分でもあります。


皮膚が乾燥することによって毛穴のたるみは大きくなるため、さっぱりとした感触になり若い人から人気があるアルコール入りの化粧品や皮脂吸収に優れた下地クリーム等を避けることも大切です。

アルコールは、肌にある水分を蒸発するときに一緒に連れて行ってしまうことがあり乾燥をすすめてしまう可能性があります。

人によっては刺激になって赤みやかゆみ、炎症を引き起こしてしまい、荒れて乾燥しやすくなることもあり、避けたほうが良い成分です。

皮脂を吸収してメイクの崩れを防ぐタイプの下地クリームは、若くて皮脂分泌が活発な人のためのアイテムなので、40代になったら、肌の乾燥を防いで長時間しっとりとした潤いをキープできるような保湿成分を含む下地に変えましょう。