気になってくるのが女性ホルモンの減少によるたるみ、しわなど…

40代の女性

突然肌の乾燥、シミやしわ、くすみなどの悩みも深刻になるのも40代に入ってから…

若い頃の肌の悩みは何だったでしょうか。

10代の肌の悩みの代表的なものは思春期特有のニキビです。

20代、30代と年齢を重ねると、今度はホルモンバランスの乱れが要因で大人ニキビや肌荒れに悩むことになります。

40代に入るころは大人ニキビができなくなり、トラブルが少ない時期です。

しかし、40代半ばに差し掛かるころになると、今度は加齢による肌の変化に悩み始めることになります。

まず、気になってくるのが女性ホルモンの減少によるたるみ、しわなどです。

女性ホルモンのエストロゲンは真皮のコラーゲンを増やす働きがありますが、エストロゲンが失われることによって肌にハリがなくなり、たるみを引き起こすのです。


また、若い頃は気にならなかったのに突然肌の乾燥に悩まされるのも40代に入ってからです。

これも女性ホルモンの減少と関係しています。

女性ホルモンのプロゲステロンは皮脂の分泌を促進する働きがありますが、これが減少することにより皮脂量が大きく減少し、乾燥を招くのです。

さらに肌の表面はセラミドといいう潤い成分で守られていますが、加齢によりセラミドを分解する酵素が増えてくるので、肌のバリア機能が低下し、乾燥肌を招きます。

乾燥が進み、バリア機能が低下すると、紫外線や花粉などさまざまな外部刺激に敏感になります。


乾燥は顔だけではなく、全身に起こります。

肌のバリア機能が完全に壊れると、皮脂欠乏症となり、皮膚科での治療が必要となってしまいます。

顔だけのお手入れしかしていないという人は、体にもボディークリームを塗るなどのケアをするようにしましょう。

入浴の際にナイロンの素材のタオルやスポンジで擦りすぎると肌のバリア機能を壊すので控えるようにしましょう。


また、40代になるとシミやしわ、くすみもの悩みも深刻になってきます。

これまでに浴びた紫外線のダメージが一気に肌の表面に姿を現すのです。

若い頃は28日周期だった肌のターンオーバーも1ヶ月半~2ヶ月と遅くなってくるので、くすみも出やすくなってきます。


このように40代は肌の変化を感じ、これ以上スキンケアをしても改善しないのではと感じることもあるかもしれませんが、お手入れ次第でまだまだ回復させることができます。

肌のターンオーバーを促すビタミンC誘導体やプラセンタが配合されたものや保湿効果の高い化粧品で念入りにケアを行いましょう。

肌の水分量だけではなく、皮脂量も大きく減っている時期なので、クリームやオイルも積極的に利用するのがおすすめです。

もちろん、紫外線ケアは必須です。

いろいろと肌の変化に悩む40代ですが、毎日のケアで未来の肌が決まってくるので、丁寧なスキンケアを積み重ねるようにしましょう。

40代からの肌の変化とは

40代の女性2

40代になってホルモンバランスが若いころと変化してくることによって、様々な肌の変化を感じることになります。

その最も大きな変化は、肌の水分や油分が減少することによって感じる肌の乾燥です。

女性ホルモンは、閉経間近になると急激に減少します。


これは、更年期障害として女性の体と心に大きな変動をもたらすことが実際のところです。

心の面では、いらいらしたり憂鬱な気持ちが続くようになりますが、女性ホルモンが急に少なくなることによって皮脂が少なくなって水分を保持することができなくなるため、急に乾燥が気になるようになります。


40代で感じる人もいますし、若年性更年期障害と呼ばれる少し早めに変化を感じる人の場合は、40歳になる前に乾燥や衰えを覚えるようになるので注意が必要です。

女性の肌とホルモンバランスは、大きくかかわっています。


むしろ、スキンケアよりもホルモンの分泌量に大きく左右されるといっても過言ではありません。

40代になる前から、生理前になるとニキビができたりオイリーになり、その後急に乾燥や敏感肌傾向になるという人は多いのではないでしょうか。


女性の肌は28日周期でターンオーバーを繰り返していますが、年齢を重ねるとその周期も長くなってかさつきやくすみが気になるようになるのが実情です。

年齢を重ねたからくすんだりかさつくというよりは、それも月経に影響されているものだということを意識したスキンケアをすると、悩みを解消する糸口になります。


そもそも40代は急激に女性ホルモンが減少するのはみな同じことですが、その時期や感じ方は人それぞれです。

肌に変調をきたしやすい人もいれば、比較的その変動の影響を受けにくい人もいます。

もともと若いときにオイリー傾向だった人は、乾燥しにくいというケースがあります。


多くの人が実感するのが、たるみやほうれい線やシミなどではないでしょうか。

すべての人が同じ時期に感じる悩みではありませんが、遅かれ早かれ何らかの形で悩むことになるのが実情です。

スキンケアを行うことで、ある程度は講師が症状は緩和することができます。


お手入れをスタートするには、早いに越したことはありません。

30代の時には感じなかった何らかのサインは、40代になると現れてきます。

その時になってから慌てるよりも、紫外線ケアやマッサージやパックなど、ベーシックなお手入れに時には特別なお手入れを加えるのがおすすめです。

40代からのポジティブなお手入れ

40代の女性3

年齢を感じさせない肌でありたいと考えるのは、だれしも同じです。

特に、40代になると若いころに比べて目元がしぼんできたり、笑った時にできたしわが戻らないということも出てきます。

年齢を隠すのではなく、ポジティブに年齢を受け止めてお手入れをしていくのが重要です。


もちろん、スキンケアは肌質に合ったものを使ったほうが良いのは言うまでもありません。

でも、肌質は若いころとは変化しますし、一か月のうちに月経の前後でも変わるのが一般的です。

生理前にはオイリー傾向になりますし、そのあとは敏感になったり乾燥するといった具合となります。


年齢に合わせてスキンケアにバリエーションを持たせるのも良いですし、ターンオーバーに合わせてその日の状態によってクリームやパックや美容液などをプラスするのも有効です。

エステなどのお手入れも気になってくる年頃ですが、スペシャルケアでそのようなものを取り入れるのもお勧めします。


エステのケアでは、ディープクレンジングやビタミンC誘導体やプラセンタの導入などで、しっかり汚れを落としたところに栄養分を取り込んでいきます。

肌がふっくらしてみずみずしくなりますし、自分ではすることのできないお手入れができるので、定期的に通うのも良いでしょう。


自宅での似たようなケアをするなら、美顔器を取り入れるとリーズナブルです。

特にたるみにアプローチするなら、超音波を使った美顔器を使ってみてはいかがでしょうか。

微細な振動が出るので、リフトアップに効果的です。


メディカルエステも、40代の女性に強力にアプローチする美容法です。

クリニックが運営しているエステのことですが、エステでは使うことのできない強力な出力のマシンを使って、肌に光を当ててコラーゲンの生成などを行います。


年齢を重ねると気になる部分のお手入れは、隠すのではなくポジティブに受け止めて、筋力を鍛えたり保湿でしわがこれ以上増えないようにするなど、整形手術などとは異なるアプローチの仕方で、若返りを図ることができます。


驚くほど若く見える40代の女性のスキンケアは、意外とベーシックなお手入れを大切にしているといわれています。

しっかりとメイクを落として、肌質に合ったローションや美容液を使って、あとはしっかりとビタミンやミネラルを摂取して質の良い睡眠をとる、といった基本的なルーティンを続けることが、若々しい肌を保つことにもつながります。