40代の肌トラブルは、肌の潤い不足が主な原因…

40代の女性

40代以降になったら、潤い成分をどのように補給するかがポイント…!

40代くらいになると様々な肌トラブルに悩まされるようになります。

その主な原因として肌中の潤い不足が挙げられます。

元々肌に含まれているコラーゲンやヒアルロン酸といった潤い成分は年齢と共に量が減っていきますので、40代になるとかなり減っていることが予測されます。

潤い成分が失われれば当然肌のハリが無くなりますので、全体的にたるんだ印象になります。

ですから40代以降になったら、潤い成分をどのように補給するかを真剣に考えなければなりません。


最近ではコラーゲンは色々な飲み物に含まれていますし、食べ物からも摂取することができます。

どのような食べ物に含まれているのかを自分なりに調べ、それを日々のメニューに取り入れることで、肌中で足りなくなった分を効率良く補うことができます。

ヒアルロン酸は化粧品として取り入れることが多いのですが、注意したいのは浸透率に問題があるという点です。

そのままつけても効果は限定的ですので、浸透率を高めるために工夫をされている商品を見つけることが大切です。

浸透率に問題があるのは分子が大き過ぎるためですので、分子を小さくしているものを見つけるようにします。

そこで利用したいのが、低分子ヒアルロン酸です。

低分子ヒアルロン酸は体への吸収率が高められていますので、同じ手順でも得られる効果は大きくなります。


40代以降の肌がトラブルを抱えやすいのは潤い不足のせいだけではありません。

もちろん潤いが足りなければ年齢肌につながりますので見た目に影響を与えますが、それよりも深刻なのが筋力不足です。

40代になると多くの人の顔の肉が全体的に下がってくるのは、筋力が落ちているからです。

筋力が足りなければいくら潤いが足りていても全体的なシルエットは下がってしまい、たるんだ印象を与えます。

筋力を回復させるために必要なのはフェイスストレッチです。

最初は少し動かしただけでも筋肉の疲労を強く感じますので、いきなりたくさん行うのではなく、少しずつストレッチの時間を増やしていくことが大切です。

顔の筋肉がついてくるとお肉を支える力が強くなりますので、たるみが解消されます。

また、たるみによって皮膚が引っ張られてシワになっていた部分も改善されますので、見た目年齢はずい分変わるはずです。

フェイスストレッチは若い頃から行っておくと、そのままの状態を長く維持することができるのでお勧めです。

ただし、筋力はいつから始めてもつけることができます。

40代の肌トラブルの主な原因は?

40代の女性2

30代のころは肌の調子が良かったのに、40代に突入したとたん肌の衰えが気になったりトラブルが出てくるという人は多いのではないでしょうか。

40代の肌トラブルで多いのは、乾燥によるものですがたるみや毛穴の開きなども、このころ同時に出てくるケースが多いです。


毛穴の開きは、若いころの毛穴が目立つという悩みではなくて、縦に長く伸びた毛穴ですのでたるみとも関連しています。

このあたりは、乾燥というよりは筋力の衰えによるところが大きいと考えられます。

筋力が衰えると、肌を支える力がなくなって重力によって下に行こうとしますので、肌がたるむ原因です。


乾燥しているお肌も敏感傾向になりがちですが、重力に逆らえずにたるんでブルドッグみたいになっているお肌も、老けて見える一因となります。

40代に突入すると、誰もが若いころと見た目の状態が異なることで戸惑うかもしれません。


そうならないためには、20代のうちからケアを始めても早すぎることはないです。

特に筋力は、気づいたときにはじめても良いですが、ほうれい線が気になってから始めるよりは常日頃から習慣にしておいたほうが、より効果が高くなります。


40代の女性に聞くと、美容で気になる部分でたるみやシワを上げる人が多いです。

そのくらい、筋力の衰えや乾燥が及ぼす影響は大きいのが実情です。

40代の美容の悩みを解消するためには、保湿と筋力トレーニングが有効となります。


どちらもお金はほとんどかかりませんので、気づいたときにすぐに始めるのがポイントです。

乾燥が気になるなら、持ち歩けるミストタイプの化粧水もお勧めします。

ミストなので、メイクの上から使うことができますし、化粧くずれも防ぐことができます。


トラブルが起きてから対策をしても、ある程度の結果は見込めますが早いに越したことが無いのは明らかです。

最近は、若者でもアンチエイジングができるような化粧品や雑貨なども販売されているくらいですので、40代に突入する前からのお手入れが効果的です。


乾燥は、物理的なものもよくありません。

可能であれば、冬の乾燥しやすい時期にはフェイスマスクをしたり、加湿器をたいてエアコンの乾燥の影響を受けないような対応も効果があります。

乾燥すると、痒くなったり赤身が出たりすることもありますので、まずは保湿ケアを最重要項目として、自分に合った化粧水や美容液を見つけることから始めましょう。

女性ホルモンの変化の影響も

40代の女性3

40代で美容上のトラブルや悩みを感じている人の多くは、ホルモンバランスの影響も原因としては考えられます。

そのくらい、女性ホルモンのバランスと美容は密接しているのは科学的にも証明されているほどです。


40代というと、仕事や子育てなどに追われてただでさえ忙しい時期ですし、それにプラスして徐々に女性ホルモンの分泌量が減少してくる時期でもあります。

女性ホルモンは、若い時期にはふんだんに分泌されていて、皮脂や水分のバランスを良好に持ってくれるのが利点です。


でも、それが徐々に減少してくると肌に弾力がなくなったり、水分や油分が不足していると感じるようになります。

体調も悪い日が増えるので、いらいらして肌にとってもよくありません。

40代で、以前よりも美容上の悩みが増えたと感じてきたら、ホルモンチェックをするのも一つの方法です。


血液検査をすることで、数値もわかりますしホルモン補充療法などもありますので、更年期障害の治療をすることで、若々しさを取り戻すことができるケースもあります。

更年期障害の治療で使われるプラセンタ注射などは、赤ちゃんを育てる胎盤の成分でできていますので、栄養が豊富で美容に最適です。


40代の女性が欲しいアミノ酸やミネラル分などを豊富に含んでいますので、注射やサプリメントなどで補給することで、つややかな若々しい状態に戻ることも可能となります。

もちろん、薬やサプリメントに頼ることも良いですが、基本的には毎日のお手入れやエクササイズなども、美容の悩みを解消するには重要です。


時にはちょっと贅沢にエステなどに行って、現在の自分とじっくりと向き合うことも効果的と言えます。

エステでは、美容液などを導入したり古い角質をはがして成分を浸透させやすくする効果があるのがメリットです。


なかなかいく機会がないという人は、自宅で簡単にお手入れができるセルフエステ用の家電もあります。

プラセンタやヒアルロン酸など、好きな美容液を導入することでもちもちの感触によみがえるのがメリットです。


徐々に体の状態が変わる時期でもある40代は、忙しいこともあって自分のお手入れを後回しにしてしまいがちです。

最近は、手ごろにとることができる飲料なども販売されていて、そこに有効成分がたっぷり配合されています。

そういう物を手軽に利用して、日々上機嫌で過ごすことも活性酸素を作りにくくして、トラブル解消になります。