40代の肌トラブルは、肌の潤い不足が主な原因…

40代の女性

40代以降になったら、潤い成分をどのように補給するかがポイント…!

40代くらいになると様々な肌トラブルに悩まされるようになります。

その主な原因として肌中の潤い不足が挙げられます。

元々肌に含まれているコラーゲンやヒアルロン酸といった潤い成分は年齢と共に量が減っていきますので、40代になるとかなり減っていることが予測されます。

潤い成分が失われれば当然肌のハリが無くなりますので、全体的にたるんだ印象になります。

ですから40代以降になったら、潤い成分をどのように補給するかを真剣に考えなければなりません。


最近ではコラーゲンは色々な飲み物に含まれていますし、食べ物からも摂取することができます。

どのような食べ物に含まれているのかを自分なりに調べ、それを日々のメニューに取り入れることで、肌中で足りなくなった分を効率良く補うことができます。

ヒアルロン酸は化粧品として取り入れることが多いのですが、注意したいのは浸透率に問題があるという点です。

そのままつけても効果は限定的ですので、浸透率を高めるために工夫をされている商品を見つけることが大切です。

浸透率に問題があるのは分子が大き過ぎるためですので、分子を小さくしているものを見つけるようにします。

そこで利用したいのが、低分子ヒアルロン酸です。

低分子ヒアルロン酸は体への吸収率が高められていますので、同じ手順でも得られる効果は大きくなります。


40代以降の肌がトラブルを抱えやすいのは潤い不足のせいだけではありません。

もちろん潤いが足りなければ年齢肌につながりますので見た目に影響を与えますが、それよりも深刻なのが筋力不足です。

40代になると多くの人の顔の肉が全体的に下がってくるのは、筋力が落ちているからです。

筋力が足りなければいくら潤いが足りていても全体的なシルエットは下がってしまい、たるんだ印象を与えます。

筋力を回復させるために必要なのはフェイスストレッチです。

最初は少し動かしただけでも筋肉の疲労を強く感じますので、いきなりたくさん行うのではなく、少しずつストレッチの時間を増やしていくことが大切です。

顔の筋肉がついてくるとお肉を支える力が強くなりますので、たるみが解消されます。

また、たるみによって皮膚が引っ張られてシワになっていた部分も改善されますので、見た目年齢はずい分変わるはずです。

フェイスストレッチは若い頃から行っておくと、そのままの状態を長く維持することができるのでお勧めです。

ただし、筋力はいつから始めてもつけることができます。

肌によくない原因を把握すれば適切な対策が可能に

40代の女性2

デパコスで肌状態を整えつつ、40代の肌トラブルの原因に応じた対策を実施することが重要です。

更年期を迎える年齢になるとホルモンバランスの不調が気になるようになります。

生理不順に悩まされている人は多いでしょうし、慢性的なイライラに困っている人もいるでしょう。

こうした問題を解決していくためには、生活を整えていく必要があります。

なにげなく毎日を過ごしている人は多いでしょうが、生活の中にアンチエイジングのヒントがあります。


40代になるとお腹ぽっこりが気になり始める人が多く、本格的なダイエットをしている人は少なくありません。

ダイエットは健康維持のために行うべきものですが、多くの人が健康を害しています。

本来であれば減量することで体調が改善していきますが、逆に体調不良を招くようでは間違った方法を実践しています。

無理に食事制限をすると女性ホルモンの分泌をさらに減少させ、更年期の症状を重症化させやすいです。

ダイエットに挑戦する40代の人は月に3~4kg程度の減量に抑えておきましょう。

少しずつ痩せたほうが身体に負担がかからず、健康的に落とすことができます。


無理に減量することで身体の脂肪が不足し、乾燥肌になるケースは少なくありません。

脂肪は悪いものと考える人が多いですが、これは適量を超えて摂取した場合です。

適量の脂肪はエイジングケアに欠かせないもので、紫外線からのダメージを軽減してくれます。

皮脂でテカテカになった状態と、乾燥でカサカサになった状態を比較すれば、後者のほうが紫外線に弱いのはイメージできるでしょう。

40代の身体は保水力が低下してきますので、身体に十分な水分を蓄えることが難しくなります。

だからこそ水分を失わない工夫が必要であり、脂肪分を過度に制限するのは避ける必要があります。


嗜好品全般は肌に悪く作用することが多く、スナック菓子やチョコレート、コーヒーの摂りすぎには注意してください。

嗜好品は味わいや香りを楽しむのが目的で、栄養バランスが優れているとは言えません。

お菓子ばかり食べている人は脂肪や糖質の摂取量が増える反面、タンパク質やビタミン不足になることが多いです。

40代のエイジングケアのためには、緑黄色野菜や豆類を積極的に摂ることが大切になります。

喫煙をしている人は間違いなく老化を促進させますので、一日も早い禁煙をおすすめします。

最近は医療用医薬品を活用した禁煙法も登場しているので、以前より禁煙のハードルは格段に低くなりました。

美容成分の補給とデトックスを両立させる

40代の女性3

デパコスで肌状態を整えつつ、40代の肌トラブルの原因に応じた対策を実施することが重要です。

更年期を迎える年齢になるとホルモンバランスの不調が気になるようになります。

生理不順に悩まされている人は多いでしょうし、慢性的なイライラに困っている人もいるでしょう。

こうした問題を解決していくためには、生活を整えていく必要があります。

なにげなく毎日を過ごしている人は多いでしょうが、生活の中にアンチエイジングのヒントがあります。


40代になるとお腹ぽっこりが気になり始める人が多く、本格的なダイエットをしている人は少なくありません。

ダイエットは健康維持のために行うべきものですが、多くの人が健康を害しています。

本来であれば減量することで体調が改善していきますが、逆に体調不良を招くようでは間違った方法を実践しています。

無理に食事制限をすると女性ホルモンの分泌をさらに減少させ、更年期の症状を重症化させやすいです。

ダイエットに挑戦する40代の人は月に3~4kg程度の減量に抑えておきましょう。

少しずつ痩せたほうが身体に負担がかからず、健康的に落とすことができます。


無理に減量することで身体の脂肪が不足し、乾燥肌になるケースは少なくありません。

脂肪は悪いものと考える人が多いですが、これは適量を超えて摂取した場合です。

適量の脂肪はエイジングケアに欠かせないもので、紫外線からのダメージを軽減してくれます。

皮脂でテカテカになった状態と、乾燥でカサカサになった状態を比較すれば、後者のほうが紫外線に弱いのはイメージできるでしょう。

40代の身体は保水力が低下してきますので、身体に十分な水分を蓄えることが難しくなります。

だからこそ水分を失わない工夫が必要であり、脂肪分を過度に制限するのは避ける必要があります。


嗜好品全般は肌に悪く作用することが多く、スナック菓子やチョコレート、コーヒーの摂りすぎには注意してください。

嗜好品は味わいや香りを楽しむのが目的で、栄養バランスが優れているとは言えません。

お菓子ばかり食べている人は脂肪や糖質の摂取量が増える反面、タンパク質やビタミン不足になることが多いです。

40代のエイジングケアのためには、緑黄色野菜や豆類を積極的に摂ることが大切になります。

喫煙をしている人は間違いなく老化を促進させますので、一日も早い禁煙をおすすめします。

最近は医療用医薬品を活用した禁煙法も登場しているので、以前より禁煙のハードルは格段に低くなりました。