出来るだけ部屋の湿度を保つようにする事が大事…

40代の女性

化粧水をつけた後に手のひらを使って顔を覆うようにして、肌に浸透させる…

いくつになっても10代の頃のような肌の潤いが続けばいいですが、それは難しい話でもあります。

10代と同じ肌になることは出来ませんが、少しでも年齢よりも若い肌年齢に近づけたほうがいいですので、若返らせるようにしなくてはなりません。


40代ともなれば、肌潤いは間違いなく失われていくようになりますが、それを少しでも改善させる為に必要な事をしてみるといいでしょう。

40代の肌潤いを保つ為には、乾燥から肌を守る事が大事ですので、出来るだけ肌が乾燥しないようにしなくてはなりません。


職場などでエアコンを使用している場合、部屋の中は乾燥している状態ですので、出来るだけ部屋の湿度を保つようにする事が大事です。

暑いからと言って少しでも涼しくなりたいからと扇風機の風邪を直接顔に当てているのも良くありません。

扇風機の風によって、肌から水分がどんどん失われていきますので肌潤いも同時に失われていく事になるからです。


40代が肌潤いを保ちたいのであれば、肌のケア方法も大事になる為、肌にしっかり化粧水などが浸透してみるといいでしょう。

化粧水をたっぷりつけてケアしていれば、それだけで十分を思っているかもしれませんが、実際にはそれだけでは上手く肌に浸透をしていない可能性があります。

肌に化粧水を浸透させて肌潤いを保つ為には、化粧水をつけた後に手のひらを使って顔を覆うようにして、肌に浸透させるようにしましょう。


なぜ手のひらで覆うようにすれば肌に浸透しやすいのかというと、温熱効果だけではなく密閉効果も期待できるからです。

長い時間押さえておかなくても、ほんの10秒程度でも効果を得やすくなります。

時間がないから肌のケアに時間が回せないという人でも、ほんの10秒であれば時間をかけることは出来るはずです。

朝の洗顔の後やお風呂上りに、ほんの10秒だけ時間をかけてあげる事によって、今までとは違った肌潤いを得られるようになります。


感想やケアの方法に気をつけることによって、効果を得られるのであれば、高い化粧品を購入する必要もありません。

高い化粧品を購入するだけが、肌潤いを保つ為に必要な事ではありませんので、出来る事から始めてみる事です。

お金をかけなくても肌潤いを保つ事が出来るのが一番ですので、お金がないから良いケアが出来ないのではなく、自分の努力次第でいくらでもケアをしていけるようになります。

自分の肌を守れるのは自分しかいないという気持ちでいなくてはならないでしょう。

40代の肌潤いを取り戻す方法

40代の女性2

40代になって、急に乾燥が気になるようになった人にお勧めなのが、肌の潤いを取り戻すことに着目したお手入れです。

40代になると、だれしも若い時とは異なる肌のトラブルや悩みを感じることはあるかもしれません。


40代というと、肌の潤いを保つには工夫が必要ですし、ホルモンの分泌量の変化によって急激に衰える時期でもあります。

失われてしまった潤いを取り戻すのは大変ですので、できればその前に乾燥しないようなケアを取り入れていくとよいでしょう。


具体的には、徹底して摩擦を防いで刺激を与えずに角質層を保護する事、そしてターンオーバーを正常に導くことも重要です。

40代の女性は、若いころに比べるとターンオーバーの周期が長くなる傾向にあります。


そうすると、くすみやすくなったり乾燥が気になるなどのトラブルが出てきますし、角質層が乱れていると潤いを与えようとしても入っていきません。

そうなる前に、穏やかな洗浄力のクレンジングミルクやオイルで、汚れをしっかり落とします。


オイルを使う場合は、乳化のプロセスを忘れないようにしましょう。

ポイントメイクを無理に落とそうとすると、乾燥の原因になります。

そのため、ポイントメイク専用のリムーバーを使って優しく落とすのが重要です。


化粧水は、肌に合ったものを使うのが重要ですが、アルコールやパラベンなどの添加物が入っていないものを使ったほうが良いでしょう。

添加物は、肌が弱い人に適さないような印象がありますが、基本的には必要のない成分なので入っていないほうが好ましいです。


肌潤いを保つために重要なのは、潤いを与えた後にそれが逃げないようにすることです。

具体的には、水分を与えた後は油分を少量与えてふたをします。

それをしないと、蒸発してしまうので乳液やクリームなど好みのものをつけるのがおすすめです。


オイリー肌の場合、部分的にてかてかするので油分は敬遠している人もいるかもしれません。

でも、目元や口元には皮脂がないかあっても少ないので、油分を与えるのは必須です。

もちろん、洗顔によって失われた潤いはローションやオイルなどでプラスしてあげないと、余計に皮脂が出てきます。


人間の肌はセンサーのような役割もあって、乾燥を感じると皮脂が増えることがあるので、オイリーな人でも少量の乳液やオイルなどはつけたほうがコンディションは良くなります。

肌潤いのためには、自分の肌質を良く知ることも、重要です。

40代の肌潤いを手に入れるためのケア

40代の女性3

インナーケアやインナービューティーという言葉は、最近美容が好きな人の間でも流行しています。

これは、内側からのお手入れという意味でスキンケアにプラスすることで、より潤いのある肌に導くことができます。


具体的には、ビタミン剤やプラセンタやコラーゲンなどが配合されたサプリメントやドリンク剤は、忙しい40代の女性の肌を支えてくれるお守りのような存在です。

少し割高ではありますが、肌がしっとりしますし潤いも実感することができます。


失われた潤いを取り戻すのは難しいので、とにかく乾燥させないのが一番です。

例えば冬の間は加湿器を使ったり、なるべくエアコンの近くにいないなど、ちょっととですが水分量が異なってきます。

インナーケアでいえば、毎日の食生活も重要です。


アボカドやアーモンドや鶏肉など、たんぱく質や良質の油脂分をバランスよく摂取できるサラダや野菜ジュースなどを手作りすることで、より美しくみずみずしい肌になることができます。

40代は、ホルモンバランスの崩れで肌荒れしやすい時期ですので、いつもと違うトラブルが出てくることもあります。


吹き出物やニキビなどが気になった時は、あまり油分の多すぎるスキンケアをするとより悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

しかし、潤いを与えることは一見関係なさそうなニキビケアにも重要な役割を果たしますので、その日の肌のコンディションに合わせたケアをするのをお勧めします。


40代というと、更年期の時期ですので生理が徐々になくなってくる人もいますが、まだまだ定期的に来る人は生理前と後でもかなり肌の調子は変わってきますので、ホルモンのサイクルに合ったスキンケアもポイントです。


生理前はオイリーになりがちなのは、40代でも若いころと変わりません。

だからと言って、皮脂腺のない目の周りなどは異様にかさつくのがこのころの肌です。

オールインワンタイプのジェルなら、さっぱりしたテクスチャなのにしっとりとさせることができるので、肌の悩みが多いなら無添加タイプのオールインワンゲルをおすすめします。


無添加タイプの良いところは、美顔器でのイオン導入ができる点です。

イオン導入は、導出機能で肌の汚れをしっかりクレンジングして、そこから潤い成分の美容効果が高いアイテムを導入していきます。

導入にも使えるオールインワンゲルなら、普段はそのまま使ってスペシャルケアの時には、美顔器でしっとり肌を目指せます。