「Tie2(タイツー)」を活性化させることによって、毛細血管の健康を維持し、傷ついた毛細血管を修復できる可能性もある…

40代の女性

肌に良い食べ物として、シナモンやルイボスティー、ヒハツというコショウに似たスパイスを…

日常生活で多少の無理をしても、たくさんの睡眠や気力体力で乗り切れていた20代30代とは違い、疲れが取れずその不調がすぐに肌や顔に現れるようになってくるのが40代ではないでしょうか。

毎日行う食事で、少しでもそんな悩みが解決できれば誰でも嬉しいですよね。

一般的に肌に良い食べ物としてよく取り上げられる、便秘改善につながる食物繊維を多く含んだものや、抗酸化作用が高いビタミンEを含んだものをご存知の方は多いはずです。

それでは、血管が美肌に重要というのを知っている方はいらっしゃるでしょうか。

そして血管は、40代から減少するという事実もご存知ですか。

それでは、血管も健康にするという視点から、おそらくあなたにとって新たな発見となる肌に良い食べ物をご紹介します。


全身に流れている血管が、酸素や栄養素を細胞や臓器に届ける役割をしているのは誰でも知っていますね。

これまでは、大きな血管ばかりが注目されていましたが、近年では毛細血管が重要視されるようになりました。

毛細血管とは、血管の99%を占めており、全身のありとあらゆる場所に張り巡らされています。

全身の細胞に酸素や栄養素を届け、老廃物を回収する役割がありますが、これは年齢と共に減少します。

加齢により毛細血管が劣化し、そこから過度に栄養や酸素が漏れだしてしまい、その先の血管まで血液が届かなくなることによりやがて消滅してしまうと言われています。

毛細血管が減少し、酸素や栄養素が細胞に届かなくなると、肌にハリやツヤがなくなったり、シミやそばかすも出やすくなることがわかっています。

また、血流が悪くなるため、冷えやむくみといった女性には辛い症状も起こりやすくなります。


資生堂の研究で、血液が過度に漏れないようにする「Tie2(タイツー)」という血管内皮細胞の成分の働きを活性化させることが重要だとわかりました。

「Tie2(タイツー)」は加齢によって減少しますが、「Tie2(タイツー)」を活性化させることによって、毛細血管の健康を維持し、傷ついた毛細血管を修復できる可能性もあるとしています。

資生堂は「Tie2(タイツー)」を活性化させ肌に良い食べ物として、シナモンやルイボスティー、ヒハツというコショウに似たスパイスを挙げています。


これまでの肌に良い食べ物といえば、納豆やキムチなどの発酵食品やビタミンが豊富なフルーツなどを思い浮かべていた方が多いはずです。

しかしながら、資生堂の研究により40代から減少する毛細血管を再び健康にするという側面から、新たな肌に良い食べ物としてシナモンやルイボスティー、ヒハツが提案されました。

これまではあまり積極的に食べようと思っていなかった方も多いかもしれませんが、これを機にあなたの食事に取り入れてみるのも良いかもしれませんね。